横浜中華街

サイト内検索

TOP >  催し物 >  レポート >  Y156 横浜開港節舞獅群英会レポート

催し物EVENT

レポート

イベント

Y156 横浜開港節舞獅群英会

  • 開催期間2015/05/30(土)
  • 取材日2015/05/30(土)
  • 開催場所山下公園

1年に1度だけ♪
横浜中華街を2倍楽しめる獅子舞ミーティング!

2010年から毎年行われている、横浜の歴史と文化を築いてきた街、馬車道、関内、山の手、山下公園通り、中華街、元町、山手、が行う横浜セントラルタウンフェスティバル。
横浜中華街では、「獅子舞ミーティング」と題して、獅子舞3団体と神戸の団体がダイナミックな獅子舞を披露!
日常生活ではなかなかお目にかかれない獅子たちを間近で見て触れて、観客たちも私もテンションアップ!

観客を魅了する!ダイナミックに美しく舞う獅子

耳を突き抜けるような爆竹の音で獅子舞がスタート。
大きい頭と長い背中を軽々とうねらせて舞っている獅子の姿は、まるで本当に魂が宿って生きているかのようでした。
獅子が小さな橋をゆっくりと慎重に渡る様子を見ていると、なんだか私まで緊張してきます。
がんばれ獅子っ!(>_<)」
獅子がやっとの思いで橋を渡り、橋の先にある葉を手に入れると、私も観客も拍手!!
橋の板幅はほんのわずか。
それなのにこんなに美しい舞を見せてくれるなんて、本当に見事な演技でした。

そろり、そろりと獅子が大蛇に近づいていく。楽器の音もなくなり、会場がシンとして、ドキドキし緊張する。
最初に見たカラフルな獅子と違って、こちらは黒と銀色の背中を持つシックな印象の獅子。
背中をぐっと空に向けて伸ばして、大蛇に威嚇する時の獅子ってめっちゃ男っぽいというか。たくましいっていうか。
なんだか”カッコイイ”って思ってしまいました(笑)
そして素早く大蛇に飛びかかって必死に大蛇を地面に打ち付ける姿、もうカッコよすぎでメロメロです。

そして、最後にちゃんと獅子に頭を噛まれてきました♡
ご利益がありますように!

私も獅子に!?体験コーナーでの出来事

夕方に獅子舞ミーティングが開催された山下町公園にもう一度立ち寄ると、なんと小さい獅子を発見。
子供がそのお子様用の獅子をヒーローみたいにつけて、なんだか自慢げで思わず周りの大人たちも笑顔になります。
良いなぁー、私もやってみたいな・・。(*・_・*)

大きい大人用の獅子を発見しました♡
うむ。これは獅子をかぶってみなければならぬ・・(・_・*)(笑)
獅子を両手で持とうとすると、思ったよりも重くてうまくバランスがとれない・・・。
演技では軽々と持ってたように見えたけど、本当にバランスが難しいんです!
獅子舞の演技では軽々と持ち上げていたように見えたのに実際に挑戦してみるとなんて難しいの~(>_<)
両手に力をいれ、スタッフさんに少し手伝ってもらい、何とか両手でもって写真をパシャリと撮ってもらいました。 スタッフさん、ありがとう!

ウォークラリーで発見!横浜の魅力

Y156イベントでは、来場者が楽しんで各街を見てもらえるように、ウォークラリーイベントが開催されていました。
来場者の方々はY156のパンフレットを片手に、スタンプポイントのインフォメーションセンターにご来館。
このイベントがキッカケで今まで、全然知らなかった横浜の素敵なお店や街並みを知る良い機会になるでしょう。

笑顔がトレードマーク、なっちゃん。

横浜中華街のインフォメーションセンターでスタンプを押してくれているのはhamajo出身のモデルさん「なっちゃん」。ご来館されたお客様の質問にも笑顔でとても親切に対応していました。 こんな素敵な笑顔をみれるのなら、何度でもスタンプを押したくなりますね!

クールな一コマ
カッコいい!!タレント中川家礼二さん石川町駅の一日駅長に

この日、石川町駅の一日駅長として就任した中川家礼二さん。駅長の制服に身を包んだ礼二さんは、Y156記念列車発車の出発合図を送りました。
周りは、礼二さんを一目見ようと集まったファンでいっぱいでホームが人・ヒト・ひと!!
たくさんのカメラが礼二さんと列車に向けられる中、堂々と右手を挙げ、出発合図を送る礼二さんに「かっこいー!」と叫ぶファンもいました。

ギャラリー

その他のレポート

イベント
Y156 横浜開港節舞獅群英会
開催期間: 2015/05/30(土)
取材日: 2015/05/30(土)
開催場所: 山下公園

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索