横浜中華街

サイト内検索

TOP >  特集 >  ウフフな、横浜中華街。 >  第04回1回完結! 本格派クッキング教室へ

特集FEATURE

ウフフな、横浜中華街。

ウフフな、横浜中華街。

カップルに、家族連れ、女子会グループや、おじさん集団も! まるで横浜中華街に吸い寄せられたかのようにやってきて、ウロウロ、キョロキョロ。そうそう、なんかここには、なんかある気がするのです。ライター・千谷文子もいろいろ発見してきました♪

第04回

2015/04/30

1回完結! 本格派クッキング教室へ

端午の節句といえば、粽(ちまき)。もともとは中国の料理で、横浜中華街でも5月上旬頃に“ちまきフェア”が開催されます。今回訪れたクッキング教室・粽作りの回では、その起源の話から……。
「昔、人民に愛されていた政治家で詩人の屈原(くつげん)が入水自殺をしました。人々は亡骸が魚に食べられないよう、命日の旧暦5月5日に粽を川に投げ入れたんです。その風習が、後に端午の節句になったといわれています」という解説に、「へぇ〜」とうなずく生徒たち。なんだかみんな熱心で、初体験のワタシもワクワクしてきました。

1
観光・アミューズメント

馬クッキングスクール(まーくっきんぐすくーる)

舌で覚える、写真に記録する

1回きりでも参加OKな手軽さと、少人数制の丁寧な指導で人気のクッキング教室。参加者は料理好きのカップルから、ベテランのお母さん、ママ友グループなどさまざま。まずは先生がお手本を見せるデモンストレーションから。
みんなレシピをメモしながら、先生の手元を写真撮影してしっかり記録。鶏肉粽の調味料がボールの中で交ざると「味見してみたいです!」という女性まで。分量はテキストにあるのに、「舌でも覚えて帰るぞ」という意気込み。

赤い服が馬(まー)先生。「1回完結の通常クラスに参加して以来、先生のお人柄に惹かれてしまって。今では他のクラスに通っているんです」という生徒さんも
自撮りのワタシ、鶏肉粽の調味料の味見に便乗中
スマホは必携。レシピを写真で記録したり、その場でSNSにアップしたり。みんな、思い思いに楽しんでいます

不格好でも愛しい“MY粽”

いよいよ、自分たちで粽作りに挑戦! 大きな笹の葉二枚を重ね→ポケットを作って→餅米や鶏肉を入れ→しっかりたこ糸で結ぶのだが、料理好きのみんなも悪戦苦闘。笹の葉の重ね方が違ったり、餅米がパラパラ落ちてきたり。隣の人同士で教え合いっこして、和気あいあいな感じも、いい感じ。

笹の葉は横浜中華街の食材を扱う店で販売している。習いたての帰り道に、中華食材や道具をすぐ手に入れられる立地も人気の秘密
生まれて初めての“MY粽”。不格好であっても、心地良い達成感がしかと胸に! 手間暇掛かる料理なのに、まさかの「今晩、作ってみようかな」の気分♪

おしゃべりも愉快、試食タイム

シンプルな白米粽と鶏肉粽を笹に巻くところで、生徒たちのキッキングは終了。この後は4、5時間掛けて茹でるので、試食は教室が事前に用意してくれたものをいただくことに。
さらにヘルシー食材で話題の『韮と干し豆腐の炒め』、『えび粥』のデモンストレーションを受けてから、お楽しみの試食会。レシピをおさらいしながら世間話も大いに盛り上がり、充実の2時間でした。

豆腐を干した麺、豆腐干絲(とうふかんす)は昨年ちょっとしたブームになった中華食材。コシがあって風味豊か、ヘルシーな主食になる
白米粽は、砂糖に付けて食べても「美味しい〜♪」の瞬間

横浜の夏の風物詩『横浜ドラゴンボートレース』

元々は、屈原の命日に生まれたという船が競走する行事が、その原点といわれています。今年は5月30日(土)、31日(日)、6月6日(土)、7日(日)に、山下公園前海上で開催。

千谷'sメモ

観光ついでに立ち寄って→学んで→試食ランチ♪ というのも中華街の新鮮な遊び方

当コラムのライターさん

ライター千谷文子

ちだにあやこ/夫が横浜出身というだけで白羽の矢が。40代後半戦、ワクワク探しの好奇心は衰えず。愛犬との散歩で鍛えた健脚で、横浜中華街を歩き倒します!

細かすぎて気づかない!?

横浜中華街Check Memo

喉を潤す、道端中国語レッスン!

横浜中華街らしい販売機を発見。「汽水」はソフトドリンク、「售賣機」は自動販売機の意味。ちなみにコカコーラは口が楽しくなっちゃうから「可口可楽」と書くそう。そんな知識を知って飲むと、ますます楽しくなっちゃいます。ちなみにここで買える缶ジュースは、おなじみの日本のもの。

取材ネタ募集中

横浜中華街のことで調べて欲しいこと何でもかんでも大大大募集!!

当コラムでは、横浜中華街について調べて欲しいことを募集しております。応募の中から、ライター千谷があなたに代わって取材し、当コラムで掲載します。以下の応募メールアドレス宛に、メールタイトルを「ウフフな、横浜中華街係」と記載し、ペンネーム及び調べて欲しいことをできる限り具体的に記載して、ご応募ください。

応募先メールアドレス
column@chinatown.or.jp

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索