横浜中華街

サイト内検索

TOP >  特集 >  ウフフな、横浜中華街。 >  第07回自由研究もお任せあれ♪ 夏休みキッズ編

特集FEATURE

ウフフな、横浜中華街。

ウフフな、横浜中華街。

カップルに、家族連れ、女子会グループや、おじさん集団も! まるで横浜中華街に吸い寄せられたかのようにやってきて、ウロウロ、キョロキョロ。そうそう、なんかここには、なんかある気がするのです。ライター・千谷文子もいろいろ発見してきました♪

第07回

2015/07/31

自由研究もお任せあれ♪ 夏休みキッズ編

いやはや、懐が深いよ、横浜中華街。美食を求める大人の繁華街と思いきや、子どもたちを夢中にさせるレジャーも充実☆ ちょうど夏休み真っ只中ということで、遊びついでに自由研究の宿題までクリアできそうな、一石二鳥のキッズ向けスポットに行ってきました。あ〜楽しかった♪

1
観光・アミューズメント

ヨコハマおもしろ水族館(よこはまおもしろすいぞくかん)

圧巻の企画力! 赤ちゃんがハイハイして見られる水槽も

入った瞬間から「わっ、面白そう!」と、大人のワタシも目がキラリ。館内は小学校をモチーフにしたデザインで、最初の展示はレトロな下駄箱に小さな水槽が並んでいました。思わず一つ一つの水槽を覗きたくなる仕掛けです。単に魚を見せるだけでなく、つくりがとってもユニークな水槽も。例えばマダコの水槽には屋台と見紛う“たこ焼き器”がセットされ、カレイやヒラメの水槽はカレーライスがテーマ(笑)。「オイオイ、オチョクッテンノカッ(-_-;)」と魚たちが言わんばかりの面白さ。でもこれ、素朴な疑問を解消できたり、魚の習性をよく表している、見事な演出。子どもたちの理解力もガゼン高まります。

さらに奥に進むと、今度は幼稚園をモチーフにした「赤ちゃん水族館」がありました。稚魚や卵をテーマにした約80もの水槽は、世界でも珍しいのだとか。水槽は子ども目線でレイアウトされ、なんと赤ちゃんがハイハイして見られる水槽も!

30分ごとに公開される、デバスズメダイのショータイム☆ 明るいところで活動する習性を利用し、控室からステージへと魚の群れが移動して、合唱コンクールの始まり♪ ドールハウスを見ているような楽しさも

自由研究のヒント
いろんな魚の習性を学び、“おもしろ水槽”をプランニングしてみよう!
「シュールだなぁ」と思わずつぶやいてしまった、たこ焼きの水槽。たこ焼き器の中に透明の丸いケース、たこつぼがあり、タコがどんなふうに中で過ごしているのか観察できます
カレー色、ライス色、福神漬け色の砂は、それぞれ粒の大きさが異なります。カレイやヒラメは、どのサイズの砂を好むのか真剣に実験中。カレー色の砂をかぶったカレイが、皿の上にのることも……ウフフ

自由研究のヒント
カレイとヒラメを同時に観察できるので、その違いをイラストで説明してみよう!
夏休み特別企画「危険生物を学ぼう」は8月31日まで開催中。受付でもらえる危険生物の生き物リストを手に、実際にどんな生物なのかチェックしてみて。写真の危険生物は、たくさんの白い豆がくっついているようなミズタマサンゴ。触手に触れると痛みや腫れが出るそう

自由研究のヒント
危険生物はどこに生息し、被害を受けるとどんな症状に!? 対処法は? フラッシュをたかなければ撮影OKなので、自ら撮った写真で“水遊びアドバイスブック”を作ろう!
深さ150〜600mもの深海に生息するオオグソクムシは、ダンゴムシの仲間。恐る恐る、一緒に写真撮影できるフォトスポットが。なんと、せんべいになってヒットもしているようなので、ぜひお土産にも♪(ほんのりエビの香りがして、なかなか旨い!)
そして、9月19日・20日には、深海魚専門漁師である当館の名誉館長が登場し、さまざまな深海イベントを開催。なっ、なっ、なんとっ! オオグソクムシ香味揚げの試食会も〜!

自由研究のヒント
オオグソクムシは触ることもでき、日本で唯一、白いオオグソクムシの観察も! 見て、触って、食べて、深海の生物を徹底研究しよう!
「赤ちゃん水族館」のコーナー。棚の奥に水槽があり、赤ちゃんでも見られる、なんとも素敵なアイデア♪
小さな便座の子ども用トイレには、用を足しながらお魚観察できる遊び心。おむつ替えベッドもあり、授乳時にも便利です。当日に限り再入場が可能なので、何度でも遊びに来られます
2
観光・アミューズメント

横浜大世界(よこはまだいせかい)

横浜博覧館(よこはまはくらんかん)

「なぜ?」 二次元から三次元の世界へワープ!

お土産ショップ、飲食店、占い、リラクゼーションなどがひしめき合う8階建ての総合エンターテインメント施設「横浜大世界」。今回訪れたのは、3〜8階に今春グランドオープンしたばかりの「アートリックミュージアム」です。“アートリック”とは、だまし絵の芸術のこと。遠近法、照明による光と影、色などの組み合わせによって、二次元の世界が立体的に見えちゃうんです。写真や片目で見ると、その不思議がアリアリと! このビックリを体感すると、だまし絵の不思議にドンドンはまっていきます…(図書館で本を借りてしまったワタシ)。

コレ、床に座っているだけなんですよ。でも不思議、空飛ぶじゅうたんに乗っているみたいでしょ? 壁と床に描かれた三面の絵があるだけなんだけど…。写真で撮ると不思議感は一層アップ!

自由研究のヒント
二次元が三次元に見える、秘密を探ってみよう!
タイトルは「さかさまの晩餐」。赤ちゃんでもできちゃうかも!?

自由研究のヒント
箱の裏側に絵を描いて、この不思議をみんなに教えちゃおう!
期間限定企画“青い部屋”を開催中。巨大ダコや人食いザメ、心霊ミラーなど、ヒンヤリしちゃう夏のアートリックです(9月30日まで)
“トレジャーパンダー”も8月31日までの期間限定企画。「横浜大世界」と「横浜博覧館」に隠された、5つの宝箱を見つけ、キーワードのスタンプを押していくとメッセージが解明される!スタンプを押したシートで応募すると、抽選で豪華賞品ゲットのチャンスも!小さな子どもたちも楽しめるイベントです

“不思議”を自分で作る指南書

この2冊を手にすれば、だまし絵や、不思議な立体を自分で作れちゃう。上出来の自由研究になりますね。
『作ってふしぎ!? トリックアート工作』あかね書房発行
『だまし絵の不思議な世界 誰でも描ける・へんな立体が作れる』誠文堂新光社発行

千谷'sメモ

キッズだけじゃなく、デートや女性グループにもオススメのスポットですよ

当コラムのライターさん

ライター千谷文子

ちだにあやこ/夫が横浜出身というだけで白羽の矢が。40代後半戦、ワクワク探しの好奇心は衰えず。愛犬との散歩で鍛えた健脚で、横浜中華街を歩き倒します!

細かすぎて気づかない!?

横浜中華街Check Memo

学びをサポート、パンダの文具

お土産に可愛いパンダのステーショナリーを買って帰れば、自由研究もガゼンはかどる!

  • 発見日2015/07/23
  • 場所瓶詰めの小さなパンダ消しゴムは「ぱんだや」。パンダ柄のダブルクリップは「横浜大世界」1階のダスカマーケット

取材ネタ募集中

横浜中華街のことで調べて欲しいこと何でもかんでも大大大募集!!

当コラムでは、横浜中華街について調べて欲しいことを募集しております。応募の中から、ライター千谷があなたに代わって取材し、当コラムで掲載します。以下の応募メールアドレス宛に、メールタイトルを「ウフフな、横浜中華街係」と記載し、ペンネーム及び調べて欲しいことをできる限り具体的に記載して、ご応募ください。

応募先メールアドレス
column@chinatown.or.jp

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索