横浜中華街

サイト内検索

TOP >  特集 >  ウフフな、横浜中華街。 >  第08回胸キュン♪ インテリア&雑貨メドレー

特集FEATURE

ウフフな、横浜中華街。

ウフフな、横浜中華街。

カップルに、家族連れ、女子会グループや、おじさん集団も! まるで横浜中華街に吸い寄せられたかのようにやってきて、ウロウロ、キョロキョロ。そうそう、なんかここには、なんかある気がするのです。ライター・千谷文子もいろいろ発見してきました♪

第08回

2015/08/31

胸キュン♪ インテリア&雑貨メドレー

秋の訪れとともに、こっくり可愛いデザインに惹かれたり、オシャレをしたくなったりしますよね。そこで今回は、横浜中華街で出会った“胸キュンアイテム”のご紹介。世界各国からやってきた家具や雑貨たちは、ただそこにあるだけで暮らしを豊かにしてくれます。

1
衣料・雑貨・工芸

チークラフト(ちーくらふと)

海の向こうの職人たちの、温もり感じる家具屋さん

こちらのお店のテーマは、フォークロア(民俗の風習・伝承の意味)。インド、インドネシア、トルコ、アフリカなど、各国に根付いた伝統技法や素材をそのままに、日本での使い勝手も考えて製造・販売している家具屋さんです。

例えばランプシェードは、当店オリジナルデザインを現地の職人さんが手作りしていますが、電源コードや電球は日本メーカーのものを自社倉庫で取り付け。すぐに使えて安心ですね。

色とりどりのランプが吊された店内は、異国情緒たっぷり。キャビネット、チェア、時計、食器、クッション、ラグ、ドアノブなどなど、あれもこれも心奪われる可愛いさ♪
インドのモザイクランプは、ガラスの土台に、小さなガラスを一つ一つ埋め込んで石膏で固めたもの。電気を消した時と、点けた時の表情が違うのも、その魅力です。1万4000円(税別)
インドの時計屋さんが、木製フレームに手描きでペイントを。直径29cmのMサイズ、5200円(税別)〜が一番人気

抱きしめたくなるほど愛おしい、ファブリック

3F奥のファブリックコーナーは、女性たちをとりこにするファンタジックゾーン。ベッド&ピローカバー、ラグ、カーテンなどカラフルな色に包まれます。中でもインド・カシミール地方の伝統工芸、ARI刺繍のクッションは当店の人気者。一つあるだけで部屋の印象が変わりますよ。

特殊なカギ針を用いて、チェーンステッチで模様を描くARI刺繍のクッションたち。母から娘へ受け継がれる伝統工芸です。2800円(税別)〜
布地に糸で幾何学模様などを描く“刺し子”という技法は、日本でも東北地方でおなじみですよね。「懐かしさを感じるのか、インドの刺し子のクッションは皆さん大好き」と店長の小川さん。6000円(税別)

バリ発、スワルの椅子にスワ〜ル♪

最後にご紹介するのは、“神々の国”と称されるバリらしいチェア。このハンドモチーフは伝統的なデザインで、スワルウッドという堅い材木を、職人さんが彫って制作しています。1本の木で座面と背もたれを、もう1本の木で脚を作って組み合わせているそう。

広報・平井さんは「スワルにスワ〜ルでございま〜す」ですって(*^^)v お茶目なスタッフ陣も当店の魅力でございま〜す。キッズサイズもあり、1万4000円〜。
2
衣料・雑貨・工芸

萬來行 大通り店(ばんらいこう おおどおりてん)

乙女心くすぐるチャイナ雑貨たち

女性オーナーの竹本さんが自ら中国に足を運び、北京、上海、広州、そして世界中のバイヤーが訪れるという町全体が卸売市場の義烏(いーうー)市などから買い付けてきた商品が並ぶ、チャイナデザインの雑貨屋さんです。

ピアスはパーツを購入してお店で組み立てたハンドメイドも多く、とにかくリーズナブル! 店内では女性たちがアクセサリーコーナーで「衝動買いしちゃいそう」とワクワクでした。「デイリーのおしゃれで楽しみたいものなので、お手軽価格設定にしています」と話す竹本さんは、女性ならではの感性で目利きを光らせます☆

どの色を選ぼうか迷ってしまいますね、七宝焼ピアス499円(税込)。中国はもちろん日本にも古くからある技法で、ノスタルジックに揺れる感じもいい感じ
ストラップ付きで、斜めがけしても可愛いポーチ1980円(税込)。こういう小さなアイテムは、艶やかな柄物が人気だそう。バックから出てきたら、目を引きますもん!
チャイナドレスのようなサテン生地のポーチも大人気アイテム、599円(税込)
パンダの中から子パンダ、子パンダの中から孫パンダ…♪ 5体のぱんだマトリョーシカ1260円(税込)

職人技キラリ☆ 数量限定なのでお早めに♪

可愛いデザインにリーズナブルな価格設定で、あれこれ買い物が楽しいお店ですが、中には一点買いしたい豪華アイテムも。職人さんによる手描きの陶器製ディスペンサーは数量限定で入荷されるので、待ちわびていたお客さんもいるそう。

シャンプーやリンス、ソープ、食器洗いの洗剤を入れても。家の水回りが特別な空間になります。7800円(税込)。丸形のボディもあり
唐の時代に、中国から日本に伝わったといわれる螺鈿(らでん)技法を用いた手鏡。貝殻を使った工芸品です。ポーチにも入るミニサイズ、4800円(税込)

縁起物アイテム

強烈な赤とその刺激的な辛さから、悪魔を追い払うという魔除け・厄除けモチーフの唐辛子。中国では日頃から玄関先に吊したり、お正月飾りとして用いられたり。横浜中華街のお土産としても定番です。
萬來行 大通り店にて

千谷'sメモ

ついつい長居をしちゃうので、時間に余裕をもって来てくださいね♪

当コラムのライターさん

ライター千谷文子

ちだにあやこ/夫が横浜出身というだけで白羽の矢が。40代後半戦、ワクワク探しの好奇心は衰えず。愛犬との散歩で鍛えた健脚で、横浜中華街を歩き倒します!

見落としそうなマメ情報

横浜中華街Check Memo

テナント内装もサポートします!

取材先のレジカウンターに、「ご相談承ります」の看板。実はお客さんは個人だけでなく、店舗インテリアも手掛けているんですって。美容室などが多いそうですよ。写真はインドネシアで使われていたカヌーの古材をリメイクしたアルファベット。看板にいかがでしょう♪

取材ネタ募集中

横浜中華街のことで調べて欲しいこと何でもかんでも大大大募集!!

当コラムでは、横浜中華街について調べて欲しいことを募集しております。応募の中から、ライター千谷があなたに代わって取材し、当コラムで掲載します。以下の応募メールアドレス宛に、メールタイトルを「ウフフな、横浜中華街係」と記載し、ペンネーム及び調べて欲しいことをできる限り具体的に記載して、ご応募ください。

応募先メールアドレス
column@chinatown.or.jp

バックナンバー

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索