横浜中華街

サイト内検索

TOP >  特集 >  ウフフな、横浜中華街。 >  第10回月の満ち欠けで判る 上海蟹・食べ頃カレンダー

特集FEATURE

ウフフな、横浜中華街。

ウフフな、横浜中華街。

カップルに、家族連れ、女子会グループや、おじさん集団も! まるで横浜中華街に吸い寄せられたかのようにやってきて、ウロウロ、キョロキョロ。そうそう、なんかここには、なんかある気がするのです。ライター・千谷文子もいろいろ発見してきました♪

第10回

2015/10/30

月の満ち欠けで判る 上海蟹・食べ頃カレンダー

「上海蟹の季節到来!」というキャッチフレーズにそそられるものの、実は食べたことがないという人、多いのではないでしょうか。私も、今回が初体験! 訪れたのは、33年にわたり上海蟹の料理を極めた「六鳳居」です。通説を覆す、興味深い話もいろいろ。

1
中華料理

六鳳居(ろくほうきょ)

極意一、旧暦を読まずして“食べ頃”は語れない

上海蟹を扱う期間は、お店によってまちまちだけれど、あちらこちらで“上海蟹フェア”が開かれるのは9月〜11月。「でもね」と切り出したご主人。「上海蟹は月の満ち欠けに応じて、生息しているんです。産卵に入る、旧暦の正月までがシーズン。今シーズンは2月の上旬ぐらいだね」と。

今、私たちが使っているカレンダーは新暦。地球が太陽の周りを1周する時間を、1年と定めたものです。旧暦は月の満ち欠けで日付をカウントし、新月になる日を月の始まりに。そのため毎年、新暦と旧暦の日にちは異なります。昨シーズンの旧暦の正月は新暦の2月19日、今シーズンは新暦の2月8日、というぐあい。つまり上海蟹のシーズンは毎年異なるんですって!

小ぶりな体の上海蟹。表から見ると、オスとメスの違いは分からないけれど…
引っ繰り返すと、一目瞭然! 左の丸いお腹はメス、中心に山を描いたようなくぼみがあるのがオス。仕入れ価格はメスのほうが高いが、「私はオスが好き。ミソが濃く、身の香りも高い」とご主人。ぜひオスとメスを食べ比べたい

極意二、1シーズン3回食して味わい尽くす

当店の上海蟹は、新暦・9月に入荷が始まります。10月までのシーズン前半、その体にはミソがほとんど。シーズン中程、新暦・11月〜12月になると、メスはミソと卵が半々、おすはミソと白子が半々に。シーズン後半もお楽しみ! 新暦1月〜旧暦正月までは、卵と白子が8割になります。

つまり、1シーズン3回食べ尽くして、上海蟹の全てを味わえるというわけ。

江蘇省の湖で獲れた蟹を生きたまま空輸している。紐をほどくとご覧の通り、元気いっぱい! 淡水で育つため、鮮度が大事だ。「ただ冷蔵庫に入れただけでは、翌日には死んでしまう。それぞれの店が経験を積んだやり方で、ベストな方法で管理しているんです」

極意三、ほじるはNO!チュ〜チュ〜吸えば甘〜い至福♡

上海蟹といえば「蒸し蟹」料理が代表的だけれど、当店を訪れたら一番に「酔っぱらい蟹」を注文しましょう(お酒が好きならなおのこと)。生きたままの上海蟹を、老酒など数種の中国酒に4週間も漬け込んで、酔っ払わせたもの。蟹は体を冷やすといわれるため、体を温める漢方薬も入っています。経験がものをいう料理のため、横浜中華街でも扱っている店は数えるほど。

運ばれてきた「酔っぱらい蟹」はいい香り。まるでウニのようなミソをいただいたら、あとはかぶりついて、チュ〜チュ〜吸うのが流儀。というか、吸わずにはいられない美味しさ。細い脚先からピュッと口に入る身は、甘くてたまらんのです。

訪れたのは10月中旬だが、初期に入荷したものを約1カ月漬け込んだ「酔っぱらい蟹」なので、ミソがたっぷり。まさに珍味です。こっちも軽く酔っ払うので、お酒が苦手な方はご注意を。1杯、税込3130円〜3780円(重さにより異なる)
細い脚は、第一関節をガチッと噛んで、吸い付く。頭の中は、間もなく口に飛び込んで来るであろう、甘〜い身に集中!

中国茶のフィンガーボウルでスッキリ!

かぶりついて吸い付く上海蟹を堪能すると、手がベトベト…。出されたのはちょっと温かい、中国茶のフィンガーボウルでした。指先を入れればすぐにスッキリきれい。自宅で蟹を食べる時などにも、いいかもね。

千谷'sメモ

チュ〜チュ〜夢中になる顔は、恋人の前では、ちょっとね…。家族や親友と思う存分喰らいましょう!

当コラムのライターさん

ライター千谷文子

ちだにあやこ/夫が横浜出身というだけで白羽の矢が。40代後半戦、ワクワク探しの好奇心は衰えず。愛犬との散歩で鍛えた健脚で、横浜中華街を歩き倒します!

細かすぎて気づかない!?

横浜中華街Check Memo

おぉ名店よ、今シーズン限り(>_<)

取材を終えるとご主人が「実は当店は今シーズン限りなんです」とポツリ。「エェェー、もったいない」と思わず言ってしまいました。33年でテナント契約が切れるのを機に、少し休んでから上海蟹専門店をオープンする予定だとか。上海蟹だけでこんなメニューがある当店で食べられるのは、今シーズン最後なので、ぜひ足を運んでくださいね。

取材ネタ募集中

横浜中華街のことで調べて欲しいこと何でもかんでも大大大募集!!

当コラムでは、横浜中華街について調べて欲しいことを募集しております。応募の中から、ライター千谷があなたに代わって取材し、当コラムで掲載します。以下の応募メールアドレス宛に、メールタイトルを「ウフフな、横浜中華街係」と記載し、ペンネーム及び調べて欲しいことをできる限り具体的に記載して、ご応募ください。

応募先メールアドレス
column@chinatown.or.jp

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索