横浜中華街

サイト内検索

TOP >  特集 >  ウフフな、横浜中華街。 >  第21回ロックだぜ、中華街ファッション!

特集FEATURE

ウフフな、横浜中華街。

ウフフな、横浜中華街。

カップルに、家族連れ、女子会グループや、おじさん集団も! まるで横浜中華街に吸い寄せられたかのようにやってきて、ウロウロ、キョロキョロ。そうそう、なんかここには、なんかある気がするのです。ライター・千谷文子もいろいろ発見してきました♪

第21回

2016/09/30

ロックだぜ、中華街ファッション!

日ごとに秋めいてくると「洋服が欲しいな…」とオシャレ心がムクムク。そんな気分のときも、横浜中華街はうってつけ。チャイナドレスはもちろんのこと、海外の伝統的な手工芸を取り入れたセレクトショップ、元パリコレモデルがデザインするブランドまで出店。それぞれの世界に一歩踏み入れば、ファッションがロックスピリットで溢れていることを感じさせてくれるのです。

1
衣料・雑貨・工芸

チャイハネパート1(ちゃいはねぱーとわん)

失いかけた伝承に活気を!トレンドを効かせたフォークロアスタイル

屋号の『チャイハネ』は「チャイを飲める寄り合い茶屋」の意味。社会科の高校教師だった創業者が学校を退職し、民俗学を学ぶためにトルコに留学した際、街角でよく見掛けたのだそう。おじさんたちがチャイを飲みながら、チェスを楽しむたまり場なんですって。

ファッションとは無縁とも思える創業者が、横浜中華街にお店を構えたのは39年前。「失いかけた伝承とモチーフの力と活気を取り戻す〈フォークロア再創造〉」を合言葉に、ネパールやインドなどの職人さんのいる工場にオリジナルデザインをオーダー。トレンドも取り入れた、エスニックスタイルを提案しています。

ネパールの中心街、かつてヒッピーブームの聖地だったタメルの街をイメージしたたたずまい。店内には商品が積み上げられて迷路のような楽しさ! ロングヘアの副店長・柴田さんが秋色コーディネートをしてくれました。写真左上のキュートな“お顔”にも注目を→コラム『横浜中華街Check Memo』参照。
ボヘミアンテイストのジャガード織りポンチョは、体をすっぽり覆って重宝しそうなアウター。取り外しのできるフェイクファー付き4700円(税抜)。インドをイメージするデザインワンピは5500円(税抜)。両サイドがちょっと長めのアンバランスさも軽やか。共にインド産で、デニムに似合うアイテムです。
2
衣料・雑貨・工芸

tef tef(てふてふ)

再発見! 美しいアジアの手仕事をセレクト

「学生時代、チャイハネさんが好きでした」と話すのは、マネージャーのMasakoさん。前職はキャビンアテンダント。ご夫婦そろって仕事を辞めたときに、ネパールへ2週間の長期旅行へ繰り出しました。「現地にはかわいい刺繍のバッグやポーチがたくさん。おこずかいで5万円分購入し、週末だけ祖父母の自宅前で露店を開いたんです」。それが当店のはじまり。

右の写真が露店商時代。段ボールに布を敷き、背景にはすだれを掛けて商品を陳列。売り上げ金を元にタイ、インドネシア、中国、モンゴル、ラオスなどへも買い付けに繰り出し、なんと6年も露店で商売を。後に祖父母宅をリノベーションし、写真左のような現在のたたずまいに。
この日のMasakoさんスタイルのポイントは、大好きな藍染めのスカートに合わせたベルト。東南アジアの山岳民族・モン族の衣裳をアレンジしたものです。胸元にはタイ・ミャンマー・ラオスなどで暮らすカレン族のシルバーに、天然石を自ら組み合わせたネックレス。お店でシルバーと石を選ぶと、その場でアクセサリーを作ってもらえます。
写真上は、タイの刺し子のポーチ4200円(税抜)。入荷すると飛ぶように売れていく人気者。写真下はモン族の手刺繍ポーチ2200円(税抜)。「買い付けを重ねる度に、日本人の感覚にはない色使いに魅了され、アジアには素敵なものがたくさんあることに気付かされました。アジアの上品なもの、キレイなものをご紹介していきたいです」。
Masakoさんのコーディネートは、さり気なく一部にアジアンエスニックを取り入れるというもの。モン族に特注したマキシ丈のスカートは、手描き模様を藍染めしたうえに刺繍がほどこしてあり、マストアイテムになる特別な1着、1万6000円。レーヨンのカットソー1600円、ネパールからはウール100%のベスト5800円、お手製ネックレス6800円。全て税抜き価格。お隣は看板犬ジョビンくん。
3
衣料・雑貨・工芸

ROUROU(ろうろう)

パリコレモデルが発信!アジアのアイデンティティに誇りを♪

ブランドストーリーに、タフでしなやかな“想い”があります。物語の舞台は、アジアの理想郷・朧朧国(ろうろうこく)。争いのない文明を築き上げ、独特の文化や美術を発展させたその国にインスピレーションを得て生まれたのが、ROUROUの洋服たちです。一着一着に「アジアの女性たちが自らのアイデンティティに誇りを持ってもらえたら…」という願いも込められています。

ブランドを立ち上げたのは、モデルとして雑誌やTVCFで活躍する早園マキさん。“想い”の原点は1995年、山本耀司さんの春夏コレクション(パリと東京)。「テーマがジャポニズムで、日本の伝統的なテクニック、金蘭(金糸を用いた織物)や絞りを取り入れた服を着てランウェイを歩きました。それまで西洋へのコンプレックスが強かったけれど、日本人であることがカッコ良く、誇りに思えたんです。西洋に負けないものがあることを実感し、私も日本やアジアの美を表現したいと思うように」。
ROUROUファンは全国に(ワタシもその1人です)。フィッティングルームもテンション上がります↑
マキさんがコーディネートしてくれたスタイルに着替えると、やっぱりというか、まさかというか、ポーズレッスン!「そうそう襟を立てて“寒いっ”と感情を出したり、ネックレスに手を添えて首をかしげたり」とレクチャーしてくださって…
タジタジのワタシ、こんなポーズに仕上がりました、ブフフ。結婚式のおめかし着にもオススメ、手描き花をプリントしたアネモネシャンタンワンピース3万9800円。オンオフともに大活躍のラッセル編みニットジャケットには、右腕に蝶の刺繍入り2万5000円。蓮つぼみ刺繍デニムハット1万6000円。岡山産デニム生地に、蓮のつぼみ柄を群馬県桐生市で刺繍。型崩れしにくくサイズ調整できるのがポイントです。全て税別価格。
4
衣料・雑貨・工芸

カモメ市場(かもめいちば)

一点豪華、世界に一つのチャイナドレス

チャイナドレスとアオザイの専門店。取材に行くと、60〜70代とおぼしき女性グループがチャイナドレスを試着しては見せ合って、キャッキャ楽しそうにお買い物していました。「上海旅行のために♪」などと、海外旅行先でのオシャレのために買い求める人が急増中。なるほど、小さくまとめやすいので携帯しやすいんだそうです。そんなハイカラなご婦人たちを魅了するのが、中国にはない和をモチーフにしたデザイン。

横浜中華街にお店を構えて20年以上。チャイナドレスは約3万円〜、アオザイは5000円台〜約10万円までラインナップ。セミオーダーもできます。
ぜひ、お店の奥にも足を運んで。豪華一点ものの和柄のドレスに出会えます。着物柄、桜模様、風神雷神模様、奈良時代から続く手法・辻が花絞りのチャイナドレスまで!
店長の野山さんはドレス選びの達人! ワタシの顔を見て「コレがイイ」とたった5秒でセレクトしてくださったのが、こちら。オレンジがかったピンクのパイピングと、ショートヘアに映える模様入りの襟がポイントです。総シルクで10万円(税別)。高価なドレスですが、中国で購入するよりリーズナブルなんだそう。そして淡いピンクのショールもコーディネートしてくださいました♪
野山店長(左)と笑顔がステキなスタッフさん。まだ猛暑の厳しい時期、おふたりは浴衣生地で作ったアオザイを着られていました。サイズ選びの際、チャイナドレスはヒップで、アオザイはバストで合わせます。そのためアオザイは下半身のボリュームが気になる人も気軽に着られるんですって。サイズ展開も豊富で5XLまで用意。

さぁ普段着に、おめかし着に、アジアのドレスはいかがですか?


ネパールを愛するショップたちの
実のある復興支援

2015年に起きたネパール地震は、今も現地の人々の生活に深い影響を及ぼしています。そこで立ち上がったのがネパールにご縁の深いショップ。

tef tefの取り組み】
看板犬と撮影した人に募金をお願いし、これまでに4回、その時々に必要とされる食料、蚊帳、掛け布団などをお届けしています(写真上)。

チャイハネパート1の取り組み】
今必要なものを手から手へ、目に見える復興支援を行っています。
安く・早く・簡単に造れる仮設住宅や、現地の人たちが働ける工場まで建設し、ネパールから感謝のメッセージも届いています(写真下)。

千谷'sメモ

横浜中華街で、変身願望も満たされる秋になります♪

当コラムのライターさん

ライター千谷文子

ちだにあやこ/夫が横浜出身というだけで白羽の矢が。40代後半戦、ワクワク探しの好奇心は衰えず。愛犬との散歩で鍛えた健脚で、横浜中華街を歩き倒します!

見落としそうなマメ情報

横浜中華街Check Memo

ネパール大使館も歓喜☆
中から外からストゥーパ

陳列棚の向こうから、どなかた見ていらっしゃると思ったら…ストゥーパ! ネパールの広場や路地裏に建てられている仏塔です。神秘的な瞳は、ブッダアイと呼ばれるもの。そしてこのお顔、建物の外からも見ることができるんです。建物の完成披露ではネパール大使館の人たちも喜ばれたそう。ぜひチェックして!

取材ネタ募集中

横浜中華街のことで調べて欲しいこと何でもかんでも大大大募集!!

当コラムでは、横浜中華街について調べて欲しいことを募集しております。応募の中から、ライター千谷があなたに代わって取材し、当コラムで掲載します。以下の応募メールアドレス宛に、メールタイトルを「ウフフな、横浜中華街係」と記載し、ペンネーム及び調べて欲しいことをできる限り具体的に記載して、ご応募ください。

応募先メールアドレス
column@chinatown.or.jp

バックナンバー

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索