横浜中華街

サイト内検索

TOP >  特集 >  ウフフな、横浜中華街。 >  第48回からだポカポカ、あったかスイーツ

特集FEATURE

ウフフな、横浜中華街。

ウフフな、横浜中華街。

カップルに、家族連れ、女子会グループや、おじさん集団も! まるで横浜中華街に吸い寄せられたかのようにやってきて、ウロウロ、キョロキョロ。そうそう、なんかここには、なんかある気がするのです。ライター・千谷文子もいろいろ発見してきました♪

第48回

2019/01/15

からだポカポカ、あったかスイーツ

中国では体を冷やさないよう、夏でもホットティーを飲むそうです。体がポカポカする温かなスイーツもいろいろ。家庭で代々受け継がれる味や、薬膳の効果を取り入れたもの、さらにSNSで話題の洋風スタイルも追っかけ、今回はあったかスイーツオンパレード!

1
カフェ・レストラン・バー

カフェ 香蘭(かふぇ こーらん)

家庭に受け継がれた“おばあちゃんの芝麻湯圓”

イタリア人のお客さんも「エスプレッソがおいしい」と認める、コーヒー専門店。お正月の三箇日限定で、こんな可愛いカプチーノも供されました。

今年の干支、亥を描いたラテアート。お正月に目の前に出されたら、きっとお年玉をもらったような気分だったことでしょう。ふだんは店長のインスピレーションで、ハートや眼鏡などいろんな絵が描かれます。

さて、その店長宅に伝わるおばあちゃんのあったかスイーツがこちら、『芝麻湯圓』。

ほんのり甘い砂糖湯に、白玉ゴマだんご。中国南東部、寧波市出身のおばあちゃんが、北方から嫁いだお母さんに受け継いだ優しい味わいです。寧波といえば湯圓というほど、名物なんだそう。現地では具材いろいろ、ピーナッツや肉が入っている湯圓も。

『芝麻湯圓』はツーマータンイェンと発音します。この発音が、中国語の「団欒」の発音と似ていることから、家族が集まるお正月に食べる縁起物。11〜3月限定なので、ぜひ味わって。650円(税込)。

1
観光・アミューズメント

横浜大世界(よこはまだいせかい)

“目の前で仕上げるチョコスイーツ”に歓喜☆

お土産から占いから体験型ミュージアムまで、ギュッと詰まったエンタテイメント施設の中に昨冬オープン! 以来、SNSで話題の「横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム」。

店内のガラス張りの向こうはファクトリー。職人たちがチョコレートを手作りしている様子を見学することができます。チョコレート作り体験(要予約)もOK。
「チョコレートの起源はB.C.2000年の古代メキシコ」「マヤ文明以降、中米でカカオはお金として使われていた」「日本に上陸したのは江戸時代。当時は飲むスタイルだった」「19世紀終わり頃に横浜で洋菓子を学んだ職人が、日本初のチョコレートを製品化」などなど、「ふ〜ん」とうなるチョコエピソード満載のミュージアムコーナーも。
カカオの実はカカオポッドと呼ばれ、品種によってこんなにもカラフルなんですって! 中を開けると30〜40粒のカカオ豆が入っていて、これがチョコレートの原料に。ふ〜ん、面白い!

チョコうんちくを楽しんだら、カフェコーナーへ。スイーツ女子たちの間で話題の『メルティームーンチョコレート』(1080円・税別)は、実は動画で次々アップされているんです。こんな感じ↓
満月のような薄皮の球体チョコレートに→コーヒー風味の温かなチョコレートソースをかけると→球体がとろ〜りとろけて→中からキャラメルアイスやマスカルポーネムース、チョコクランチなどが現れ→濃厚上質な大人スイーツの出来上がり♪ チョコレートソースはすぐに冷めてしまうので、提供されたらすぐお月様に注ぐのがポイント! 赤ワインと合わせたら一層ポカポカに。
シンプルで軽やかな「チョコレートドリンク」も見逃せません。500円(税別)。カカオ豆の産地ごとに異なるコクや風味を飲み比べできるセットもあります。
1
カフェ・レストラン・バー

鼎雲茶倉台湾茶専門店(ていうんちゃくらたいわんちゃせんもんてん)

台湾の国民的スイーツ“豆花”

横濵關帝廟の横道、中山路にある台湾茶専門店。雑貨屋さんのような、ホッとする和み系の店内へ。

1Fでは茶葉や、その場で味わえる台湾スタイルのドリンクなどを販売。
赤い缶の台湾茶は、ギフトにもいいですね。
ひょうたんから生まれた茶こし、可愛い〜! 思わず購入、490円(税別)。茶器もお手頃価格なので、台湾茶初心者が気兼ねなく立ち寄れます。
お目当てのカフェは2F。中華街の喧噪を忘れさせてくれる、落ち着いた雰囲気です。さっそく、店長の小林さんが紹介してくれたのは……
11月〜4月頃まで限定の『フルーツタピオカ豆花』830円(税込)。日本でも人気が広がっている「豆花(ドウホワ)」は、豆乳をにがりなどでゆるめに固め、シロップなどをかけて食べる台湾の国民的スイーツ。

具だくさんなのも特徴で、右上から時計回りにナタデココ、カシューナッツ、タピオカ、マンゴーがたっぷり。口にほおばると、温かな自家製豆花のほんのり豆風味に→QQ(台湾で「もちもち、キュッキュッとした食感」の意味)→コク旨→甘酸っぱい→ジューシー→がミックスされて、もうたまらんおいしさ! 小腹がすいたときの軽食にもいいですよ。
1
お菓子・おみやげ

同發新館売店(どうはつしんかんばいてん)

イートインで冬の薬膳スイーツ♪

同發本館は、明治創業の広東料理の老舗。店頭に豚やアヒルなどの焼き物を吊す光景は、中華街でもおなじみですね。通りを挟んだそのすぐ近くに、昭和30年代まで使われていた映画館がありました。レトロなそのたたずまいは、同發新館レストランになり、2012年に中華菓子・点心の売店としてリニューアルオープン。

「TUNG FAT」とは同發の広東読み。
イートインコーナーの大理石の壁は、レストランの名残。ここで気軽に“冬の薬膳スイーツ”を味わえます。
写真上から時計回りに
『ボボチャチャ』…「ごちゃごちゃ」を意味するその名の通り、温かいココナッツミルクにタピオカ・タロイモ・蓮の実・ピーナッツ・黒米・緑豆・ナツメなどモリモリ。

『薬膳ナツメと龍眼のスープデザート』…リピーターが多く、現地でもメジャーなスイーツ。滋養強壮の龍眼(ライチに似た果実)や蓮の実などが入って、出産後に食するママも多いそう。

『さつまいもと白きくらげのスープデザート』…つるんとろんの白キクラゲ、便秘によいというサツマイモのWで美肌効果に期待。杏仁豆腐の原料、パリッとした歯ごたえの種・キョウニンもアクセント。

『中華おしるこ』…陳皮(柑橘類の皮を乾燥させたもの)が入っているので、もたつかず後味スッキリ。陳皮は体を温める効果もあるよう。

例年11月頃〜3月頃までの限定。全て420円(税込)、テイクアウトもOK!
「きっと残してしまいますが4種類お願いします!」と注文し、「一番はどれだろう」と口に運ぶうちに……結局たいらげてしまった〜。冬将軍はあったかスイーツを欲しますっ! 次回はタロイモやさつまいも入りをリピートしそうです♪

さて、イートンスペースの奥扉を開けると、かつて劇場だった広い空間が残されていました。こちらでは毎年、9月から10月に横浜市中区の映画館「シネマ・ジャック&ベティ」が映写機やスクリーンを持ち込んで「横浜中華街映画祭」を開催。歴史物やアニメなど複数の中国作品が上映され、根強いファンが集います。飲食もできるので、ぜひ訪れてみてください。
1
カフェ・レストラン・バー

幸せのパンケーキ 横浜中華街店(しあわせのぱんけーき よこはまちゅうかがいてん)

全国で行列の“ふわっふわパンケーキ”

2015年に表参道でスタートした「幸せのパンケーキ」は、仙台、金沢、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、熊本、沖縄、そして香港などにも出店。ここ横濱中華街には2017年にオープン。ふわっふわっの生地と、上質ホイップバターにはまった人々が行列します。

全52席ある店内。テラスと店舗手前のこの空間は、平日に限り小型犬の同伴もOK。
注文を受けてから粉から配合しメレンゲをたてるため、焼き上がりまで約20分。平日夕方のすいている時間に訪れて、ハンモックでゆらゆら待つのもいいですね。
ガラス張りのキッチンを覗くと……ふっくら♪
看板メニューの「幸せのパンケーキ」1100円(税込)。ベーキングパウダーを使わず自然の力で膨らんだ生地に、ファンを虜にしているたっぷりのホイップバター。北海道の生乳とニュージーランドのマヌカハニーから作られる、酸味とコクがある上質な味わいです。未体験の人はぜひお試しを!

千谷'sメモ

あったかスイーツで冬将軍を吹き飛ばそう!

当コラムのライターさん

ライター千谷文子

ちだにあやこ/夫が横浜出身というだけで白羽の矢が。40代後半戦、ワクワク探しの好奇心は衰えず。愛犬との散歩で鍛えた健脚で、横浜中華街を歩き倒します!

見落としそうなマメ情報

横浜中華街Check Memo

取材ネタ募集中

横浜中華街のことで調べて欲しいこと何でもかんでも大大大募集!!

当コラムでは、横浜中華街について調べて欲しいことを募集しております。応募の中から、ライター千谷があなたに代わって取材し、当コラムで掲載します。以下の応募メールアドレス宛に、メールタイトルを「ウフフな、横浜中華街係」と記載し、ペンネーム及び調べて欲しいことをできる限り具体的に記載して、ご応募ください。

応募先メールアドレス
column@chinatown.or.jp

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索