横浜中華街

サイト内検索

TOP >  特集 >  WITH MY CHINA TOWN >  Vol.7 五大路子さん

特集FEATURE

WITH MY CHINA TOWN

『横浜ローザ』N.Y.公演でスタンディングオベーション

五大さんといえば、ひとり芝居『横浜ローザ』。戦争に翻弄された、実在した老娼婦がモデルの物語ですよね。

五大:はい、来年初公演から20周年を迎えます。顔を真っ白に塗った老娼婦・メリーさんと出会ったのは24年前。横浜みなと祭で凛とした目を私に向けられた時、「あなた私の生きてきた今までをどう思うの? 答えてちょうだい」と問いかけられたような衝撃を受けました。以来、彼女の足跡を追いかけて取材をし、舞台に。

横浜発信のその舞台を、今年はニューヨークで公演!

五大:勝った国に、負けた国の話をするわけですから、最初はとても怖かったんです。ところがユニークな場面は大いに笑い、悲しいシーンはすすり泣き。お客様は五大路子を知らない。日本は知っていても、神奈川がどこにあるかも知らない。でもこちらが驚くほどの反応で、スタンディングオベーションまで! ニューヨーク・タイムズにも3枚の写真が載って報道されました。

日本でもニュースになりました。

五大:この横浜の物語が、一つのストーリーとして受け止めてもらえた証し。世界中どこに行っても、同じ人間として、同じ女性として、時代の嵐の中で生きる人のメッセージをしっかり伝える芝居になっていたんだと、反対に教えてもらって帰ってきました。

終戦70年の節目に、ニューヨークで公演した『横浜ローザ』。PHOTO BY MICHEL DELSOL

16歳の演劇少女の夢は、横浜市民とともに!

『横浜ローザ』初演から数年後に、横浜夢座を旗揚げ。座長を務められていらっしゃいます。

五大:実は『横浜ローザ』公演後、観客の方々に「仲間と横浜から発信するような演劇集団を作りたい」という夢をお話ししたんです。すると、一人の女性が「やりましょう」と言ってくださって。お金も人脈もない、ゼロからのスタートでしたが、「五大さんの今の熱い気持ちがあればできますよ!」と背中を押してもらいました。
横浜夢座は、私と市民の方々が実行委員として企画制作。さらに夢座倶楽部という応援団があり、当日はボランティアの方々に支えられます。そして観てくださるお客様がいる。もはや劇団ではないんです。「過去を掘り起こし、舞台にし、今に伝えたい、紡いでいきたい」と願う人たちの夢集団なんです。

五大さんの、その熱い想いの原点は?

五大:高校生の頃に演劇部に所属していました。当時は演劇も美術も全て「東京が一番素晴らしい」といわれている時代。16歳の私は「横浜だって、もっと素晴らしい」と思っていたんですね。「横浜から発信し、横浜に多くの人を呼びたい」「世界中の人にも発信していくんだ」と。その夢を、今も紡いでいるんです。

16歳の五大さんの夢を、多くの市民の方々と共有しているなんて!

五大:思い続けること、信じ続けること、本気でやることが大事ですよね。本気じゃなければ実現しません。もちろん、一人ではできませんから、感謝の気持ちでいっぱいです。

「横浜に埋もれているものを、手掘りで探して舞台にしたい」

1 2 >>

Profile

五大路子(ごだいみちこ)

[五大路子ブログ]
http://hamonika.cocolog-nifty.com/godai/
[横浜夢座オフィシャルサイト]
http://www.yumeza.com/
[横浜夢座Facebook]
https://www.facebook.com/yokohamayumeza

神奈川県横浜市出身。桐朋学園演劇科に学び、早稲田小劇場を経て新国劇へ。NHK朝の連続テレビ小説『いちばん星』で主役デビュー。新国劇退団後も多数のテレビや舞台に出演。ひとり芝居『横浜ローザ』は初演より19年目を迎え、2015年4月にはアメリカ・ニューヨークで公演。ニューヨーク・タイムズにも大きく報道され、好評を博した。同作品で、横浜文化奨励賞も受賞。また1999年に自身が座長となり旗揚げした横浜夢座は、今年で16年目を迎える。著書に『ヨコハマメリーから横浜ローザへの伝言「白い顔の伝説を求めて」』。

受賞歴
1996年…ひとり芝居『横浜ローザ』で、横浜文化奨励賞受賞
2008年…横浜夢座の功績を称えられ、第29回松尾芸能賞演劇優秀賞受賞
2011年…第46回長谷川伸賞受賞
2012年…第61回横浜文化賞受賞
2015年…第64回神奈川文化賞受賞
*長谷川伸は、横浜市出身の小説家、劇作家。五大さんは新国劇時代から数々の長谷川伸作品に出演している。


2015年の秋、『第64回神奈川文化賞・スポーツ賞』贈呈式の様子。一人芝居『横浜ローザ』が大きく紹介された

Back Number

Vol.09

2017/03/21

子供の頃から横浜中華街は特別な街

柴田 浩一さん(JAZZ研究家)

Vol.08

2017/02/07

野球、家族、観光から見てきた横浜と「横浜中華街」

遠藤 一彦さん(元横浜大洋ホエールズ)

Vol.07

2015/12/25

横浜中華街の歴史作品は、再演の声が高いんです

五大 路子さん(女優・横浜夢座座長)

Vol.06

2014/04/07

おいしくて、人情豊かで、ちょっとあやしげ それが私にとっての中華街

日野 美歌さん(歌手 作詞家 作曲家)

Vol.05

2014/11

自分の音楽のルーツは中華街にあるんです

横山 剣さん(クレイジーケンバンド)

Vol.04

世界最大のチャイナタウンは五感に訴える魅力的な街

北原 照久さん

Vol.03

中華街は食を楽しむと同時に中国カルチャーを発信する、そんな場所であってほしいと願っています

山崎 洋子さん

Vol.02

外国の市場で食材を探すのと同じ感覚で生活感のある横浜中華街を楽しんでます

玉村 豊男さん

Vol.01

私にとって中華街はなつかしさが詰まった街

はなちゃん(タレント)

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索