東アジア最大の中華街、横浜中華街は食はもちろん、カルチャー、人、色んな楽しみのある街。また、中華街は、朝・昼・夜を通して、様々な雰囲気を醸し出す街でもあります!そんな中華街を1日中、好奇心の赴くまま、中華街の住人となったMAYAが街に繰り出し、人々とのゆる〜い交流を通じ、日々街の面白ネタを発掘。地元ならではの楽しみ方を追求しながら、観光でも普段使いでも、ときめき溢れる中華街の魅力に迫ります。

AD

第9回2020. 04/30(星期四)

Stay Home おうちで横浜中華街を楽しもう

外出の自粛要請が続く中、在宅ワーク等でおうちで過ごす時間が増えた方も多いのではないでしょうか。毎日ご飯の献立を考えたり、調理するのがそろそろ大変になってきた!!なんて声もチラホラ…こんな時は是非、本格中華をご自宅で楽しみながら、気分転換をしましょう♪ここ横浜中華街では、テイクアウト・デリバリー・通販メニューが楽しめるお店が次々と登場しています。今こそ気軽に、お店の美味しいお料理を味わってみるのはいかがでしょうか♪フードだけでなく、伝統芸術”花文字”も通信販売で手に入るのです!今回はお料理2店舗分(持ち帰り&デリバリー)と、飾って心ワクワクする花文字(通販)を注文したいと思います♪

ランチ&グランドメニューの殆どテイクアウトOK『獅門酒楼

11:00

在宅で仕事や家事に追われていたら、気づけばあっという間にお昼ごはんの時間になっていた!という経験はありませんか?!朝から頑張り過ぎてリラックスしたいなぁと感じた時は、自炊はパス!!ご近所のお店で美味しいご飯をテイクアウトしましょう♪胃袋も心も満たして、午後へのエネルギーをチャージします。

今日は”ミステリーランチ”が有名な広東料理店「獅門酒楼」でランチをテイクアウト。メニューの殆どがテイクアウトに対応しているのが嬉しいポイント。ランチにプラスして、単品メニューも選びます。普段お店で頂いているランチも、おうちに持ち帰れば一味違った雰囲気に。時間を気にせずゆっくり味わえます。

10食限定のミステリーランチ(690円)この日はセンマイ。単品料理は温め直しても出来立ての味の”再現性が高い”煮物系や揚げ物がおすすめ。写真1列目ソフトシェルクラブの香港漁師風炒め(1,900円)2列目左 ランチのセンマイ(デザート付) 3列目 牛ばら肉の角煮込み(2,500円)チャーシュー(1,300円)

タッパーを持参するとスープやお粥類もお持ち帰り可。自宅でそのまま温め直しも出来て楽ちん。時短&環境にも優しく一石二鳥!お部屋にレジャーシートを敷いて、ピクニック気分で豪華ランチを頂けば、非日常的空間を味わえます。そして、ビールがよく合う!といきたいところですが、午後も仕事が待っていました…

獅門酒楼

李樹陽さん

ミステリーランチ

中国工芸美術師が描く吉祥開運風水花文字『開運風水花文字屋

13:30

ご飯をテイクアウトするにはちょっと遠い所に住んでいる…そんな方には”通販”の利用がおすすめです。おうちにいながら、中華街の名物をお取り寄せできるECサイトがたくさんあります。食はもちろん中華街らしい伝統的な芸術品も、ネットショッピングで簡単に手に入ります!観光に行ったつもりでお買い物を楽しみましょう♪

長引く巣ごもり生活の中で、お部屋の雰囲気もちょこっと変えて気分転換がしたい!欲しくなったのは、縁起の良い『花文字』のアートフレーム。街中で見かけることがあっても、なかなか手に取る機会がありませんでした。念願を叶えるべく「開運風水花文字屋」のサイトで欲しい花文字をゆっくり選び、注文します。

花文字を書いて下さる美術工芸師の丁平(ていへい)さんは、中国高級工芸美術師の丁祖蔭(ていそいん)さんを父に持つ花文字界のサラブレッド。日本で花文字界をリードしてきた親子が描く作品は繊細で色鮮やかで美しく、文字の中に描かれた吉祥絵を一つ一つ見つめるだけで、陽気なパワーが湧いてきます。

私にぴったりの字を選んで欲しい旨をメールすると、丁さんが「福」の一文字を描いてくれました。龍は金運上昇、鳳凰は幸せの象徴。龍の口元のドラゴンボールは開運、口から流れる滝と、下に書かれた海は財運が止まらないという意味。可愛らしいパンダは仕事・家族・財全てにおける円満を表現しているそうです。(色紙サイズ 額縁なし 開運風水花文字4,500円~)

開運風水花文字屋

丁平さん

花文字携帯ケース

作り置きしない!出来たてをデリバリー『東園

18:00

生活のリズムが急に変わり、夕食の準備まで気が回らないほど疲れてしまう日だってありますよね。そんな時、強い味方になるのが宅配サービス。1日に2回お店の味を堪能する贅沢な日があってもいいじゃない♪ということで、夕食はデリバリーを利用します。お目当ての店は中華街で唯一『現代の名工』の称号を授与された「東園

北京料理をベースに上海・広東四川料理など様々な中華料理のテクニックを取り入れた料理が評判です。デリバリー対応メニューは、オーナーシェフの揚井忠明(あげいただあき)さん選りすぐりの7品。注文に迷ったら『海老とイカのチリソース』のように下準備に時間がかかり、家庭の火力では調理が難しいお料理がおすすめです。 

出来たての料理を届けてくれるのは、地域密着型出前サービス「横浜出前クラブ」のオーナー原元善広(はらもとよしひろ)さん。地域のお店を応援する目的で開業し、横浜中華街を中心に、地元料理店の魅力を多くの人に伝えています。お店から料理を受け取り、アルコール消毒済のリアボックスに入れたら、いざ出発。

ピンポーン♪待つこと10分少々。あっという間にアツアツのお料理が到着。中華風テーブルクロスに並べれば、一気に華やかなディナータイムに変身!写真1列目左から焼売(700円)麻婆豆腐(1,100円)2列目 油淋鶏(1,200円)春巻き(700円)3列目 牛バラご飯(1,000円)海老とイカのチリソース(1,400円)チャーハン(900円)配送料(200円)

東園

揚井忠明さん

デリバリーメニュー7品

横浜中華街テイクアウトマップ

おうちで横浜中華街の味を楽しもう!老舗のあの味も、馴染みのお店もテイクアウトを楽しめるお店が続々と登場しています。横浜中華街テイクアウトマップでお店をチェック!皆さんの『#食べて応援 #おうちで横浜中華街』を是非シェアして下さいね♪

マップ左上の アイコンをクリックすると一覧が表示されます。
関連特集:『#がんばれ中華街』お家で横浜中華街を楽しもう!!

当コラムのライターさん

MAYA

才能コーディネーター&中華街探検家。
中国の伝統楽器、古筝を弾く縁もあって、この街に誘われた住人。中華街を拠点に活躍するアーティストなど、多国籍の芸術家のマネージメントにも携わっている。毎日探検しても、知りたいことがまだまだたくさん。『住んで楽しい、来て楽しい』この街の魅力をお届けしたいから、今日も縦横無尽に街を駆け抜けます!

取材してほしいコト募集中

当コラムでは、横浜中華街について調べて欲しいことを募集しております。応募の中から、ライターMAYAがあなたに代わって取材し、当コラムで掲載します。以下の応募メールアドレス宛に、メールタイトルを「私、横浜中華街に住みました係」と記載し、ペンネーム及び調べて欲しいことをできる限り具体的に記載して、ご応募ください。

応募メールアドレス : column@chinatown.or.jp