横浜中華街

サイト内検索

TOP >  特集 >  WITH MY CHINA TOWN >  Vol.12 小野瀬雅生さん

特集FEATURE

WITH MY CHINA TOWN

本連載Vol.5の横山剣さんに続き、今回はクレイジーケンバンド(CKB)からギタリストの小野瀬雅生さんが登場! 2019年8月にリリースされるCKBのニューアルバムについて、はたまた横浜中華街の思い出からCKBと中華街の関係まで、さまざまなお話を聞かせていただきました!

8月にニューアルバムをリリース、そして全国ツアーへ

ー8月にリリースされるクレイジーケンバンド(CKB)のニューアルバム「PACIFIC」、すごく楽しみです! なんでも今作は、小野瀬さんが北京にインスパイアされた、そのものズバリの「北京」という曲も収録されているとか。

小野瀬:今回は1月頃から剣さんの曲作りに参加したのですが、どうも中国に限らず、全体的にアジアっぽいテイストが多めに出てきましてね。それでいつもなら、僕は少しハズしてつくることが多いんですけど、今作ではあえて乗ってみることにしたんです。

ー実際に北京まで足を運ばれたと聞きました。

小野瀬:偶然なんですけど、ちょうど仕事で北京に行くお話をいただいたんですよ。それで故宮博物院や天安門広場、あとは個人的に好きなんで水族館も2つほど回りまして。とにかく北京は広い、大きかったです!

ーそして8月下旬からは、いよいよ全国ツアーCRAZY KEN BAND TOUR PACIFIC 2019 がスタートします。現時点ではどのような内容をお考えですか?

小野瀬:もちろん新曲も出るでしょうし、昔の曲もいっぱいありますからね。先月までのライブハウスツアーがいい感じで終わりましたので、そのままのノリで全国を回れたらいいなと思っています。

ーちなみに地元横浜でのライブは11月。何か特別な趣向などは予定されていますか?

小野瀬:まだ決まってないですけど、毎回ありますんで。以前に横浜だけ5曲くらい多かったから、大変なことになったりもしましたが(笑)、必ず何かしらの横浜スペシャルはあると思います。

音楽から飲食まで幅広いソロ活動を展開!

ー小野瀬さんといえば、近年はCKB以外のソロ活動も目立っていますよね。

小野瀬:そもそものソロ活動の原点は2000年に「小野瀬雅生ショウ」というアルバムを出したこと。そしてそのアルバムタイトルと同じ自分のリーダーバンドを組んでそちらももうすぐ活動20周年になります。最近やっている弾き語りはそうした個人活動のプロモーションのために始めました。なかなかバンド全員で動くのが難しいので。

ー弾き語りというのは?

小野瀬:最初はウクレレで始めたんです。でもどうしても弦が6本あるのが懐かしくて最近はアコースティックギター(笑)。最初少なかった弾き語りレパートリーも増えて、今は一人で2時間くらい歌って喋ってやれるようになりました。あと会場も、ライブハウス以外にも、自分の好きなお店を選んでいるんです。気に入っているバーとか「ここでやりたいな」と思うところで。そういえば、今度の8月1日には、自分が生まれ育った白楽の喫茶店でも「小野瀬雅生と須藤祐」というアコースティックユニットでやりますよ。

ーおお、それは楽しみです! そして一方では、音楽活動だけに限らず、飲食関係のお仕事も積極的にやられていて…。

小野瀬:専門は天丼なんですけど、ほかにも横浜市商店街総連合会主催の「ガチでうまい横浜の商店街〇〇決定戦!」で参加店のナビゲートをやったり、あとは「野毛名酒場100」という雑誌で野毛の店を回ったり、いろいろやらせてもらっています。だから野毛で飲んでると、「ほんとにいた!」なんて驚かれることもあります(笑)。

ーそれでしたら、今度はぜひ横浜中華街とのコラボなんていかがでしょう?

小野瀬:いいですね~。そうなったら、ばりばり食べますよ(笑)。

1 2 >>

Profile

小野瀬雅生(おのせまさお)

クレイジーケンバンド(CKB)のリードギタリスト、「小野瀬雅生ショウ」のリーダー。通称は”のっさん”。緩急自在なギタープレイは“ハマのギター大魔神”の異名をとる。CKBでは自作曲も提供、そのコンサートでは自身が中心となるコーナーも設けられ好評を博している。またソロライヴや、須藤祐とのアコースティックユニット「小野瀬雅生と須藤祐」としても活動中。
横浜DeNAベイスターズの熱烈ファンであり、無類の野球マニア。さらに自身のブログ「世界の果てで天丼を喰らうの逆襲」では、食への旺盛な探究心のもと、地元横浜のみならず全国のコンサート会場周辺で出会った「ウマウマウー」な食を紹介している。横浜市商店街総連合会の食イベント(2019年は『ガチハンバーグ!』)に参加、すべてのエントリー店の商品を試食する「行脚」を行いblogにて紹介中。

小野瀬雅生オフィシャルブログ「世界の涯で天丼を食らうの逆襲」
https://ameblo.jp/onose-masao/


クレイジーケンバンド

ニューリリースアルバム『PACIFIC』

通常版

初回限定盤

【通常盤(UMCK-1633)】
価格:3,000円+税

【初回限定盤(UMCK-7023)】
CD+DVD 価格:3,800+税

【CKB友の会限定盤(PDCS-1910)】
3CD+1DVD 価格:16,000円+税
※限定数のみ
※超豪華BOX仕様

昨年、デビュー20周年を迎え、ますます脂が乗り過ぎ、飛ぶ鳥も勝手に落ちる勢いの"東洋一のサウンド・マシーン"クレイジーケンバンドが約1年ぶりとなるオリジナル・アルバムをリリースすることが決定!ニュー・アルバムのテーマはズバリ”港街"。

CKBの産地"ヨコハマ"がそうであるように、世界中の貨物船、コンテナ、物資、文化、人種、言語、音楽、問題、事件が渦巻く港街で育んで来たウエルカムでラフでタフでアバウトな気質をそのままサウンドに落とし込んだパシフィックな名盤!
ニューソウル、ファンク、ジャズ・ファンク、ソフトロック、ボッサ、レゲエ、ガレーヂ、和モノ、亜モノ、モンドなど、ワールドワイドなトラックに、人生のサニーサイド、ダークサイド、悲喜交々な想いが滲み出る男のセンチメントなメロディー、リリック、そしてCKBの音楽がみなさんの心の"港"であることを彼らは切に願うのであります。

CKBの原点も進化も未来も郷土愛もMAX感じ過ぎなすべてが「本気中の本気」な愛聴必死の18曲が爆誕!!!

ライヴ情報

「CRAZY KEN BAND TOUR PACIFIC 2019」
2019/8月24日から全国25公演
11月16日(土)、11月17日(日)は神奈川県民ホールにて公演
クレイジーケンバンド公式サイトライブスケジュール


小野瀬雅生

小野瀬雅生ショウ アルバム「魔法陣食堂」



小野瀬がリーダーを務めるロックバンド、小野瀬雅生ショウ。いつもやりたい放題ではありますが、こちらはさらにやりたい放題の12曲を収録。

小野瀬雅生・小野瀬雅生ショウ関連のライヴ会場と、横浜中華街「スージーウォン」
にて販売中(CDショップや配信でのお取り扱いはございません)。
MTKS-0003 2018年リリース ¥3,000 (税込)

小野瀬雅生ショウ オフィシャルサイト
http://om-show.com/

「小野瀬雅生と須藤祐」アコースティックアルバム『猫町旅情』



バンド「小野瀬雅生ショウ」の2人のギタリストによるユニットで、アコースティックアルバム『猫町旅情』をリリースしています。
各地の飲食店などで気心しれた仲間たちと行うライブ活動も随時行われていますので、要チェックです!
『猫町旅情』詳細情報
http://om-show.com/nekomachi-ryojyo

ライヴ情報

2019/7/24(水)
「小野瀬雅生と須藤祐と大澤逸と」@藤沢・辻堂 「パクチービストロザンシン」

2019/8/1(木)
「小野瀬雅生と須藤祐」@横浜・白楽「珈琲文明」(★SOLD OUT!)

2019/9/1(金)
「小野瀬雅生ショウ」@西荻窪 TERRA

小野瀬雅生ショウ オフィシャルサイト
http://om-show.com/

Back Number

Vol.12

2019/07/16

CKBのメンバーを結びつけた横浜中華街

小野瀬 雅生さん(クレイジーケンバンド)

Vol.11

2018/10/15

“レゲエの外交官”、横濱中華街をリスペクト──。

MASTA SIMON(マスターサイモン)さん(ダンスホール・レゲエサウンド:Mighty Crown)

Vol.10

2017/11/27

横浜中華街で中華食材を買い物し母直伝の薬膳料理を

アグネス・チャンさん(歌手・エッセイスト・教育学博士)

Vol.09

2017/03/21

子供の頃から横浜中華街は特別な街

柴田 浩一さん(JAZZ研究家)

Vol.08

2017/02/07

野球、家族、観光から見てきた横浜と「横浜中華街」

遠藤 一彦さん(元横浜大洋ホエールズ)

Vol.07

2015/12/25

横浜中華街の歴史作品は、再演の声が高いんです

五大 路子さん(女優・横浜夢座座長)

Vol.06

2015/04/07

おいしくて、人情豊かで、ちょっとあやしげ それが私にとっての中華街

日野 美歌さん(歌手 作詞家 作曲家)

Vol.05

2014/11

自分の音楽のルーツは中華街にあるんです

横山 剣さん(クレイジーケンバンド)

Vol.04

世界最大のチャイナタウンは五感に訴える魅力的な街

北原 照久さん

Vol.03

中華街は食を楽しむと同時に中国カルチャーを発信する、そんな場所であってほしいと願っています

山崎 洋子さん

Vol.02

外国の市場で食材を探すのと同じ感覚で生活感のある横浜中華街を楽しんでます

玉村 豊男さん

Vol.01

私にとって中華街はなつかしさが詰まった街

はなちゃん(タレント)

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索