横浜中華街

サイト内検索

TOP >  特集 >  ウフフな、横浜中華街。 >  第23回中華街の音楽ライブ、動画付き

特集FEATURE

ウフフな、横浜中華街。

ウフフな、横浜中華街。

カップルに、家族連れ、女子会グループや、おじさん集団も! まるで横浜中華街に吸い寄せられたかのようにやってきて、ウロウロ、キョロキョロ。そうそう、なんかここには、なんかある気がするのです。ライター・千谷文子もいろいろ発見してきました♪

第23回

2016/11/30

中華街の音楽ライブ、動画付き

何を隠そう、横浜中華街のご主人はバンドマンが多い! それもそのはず。歴史を遡ること開港当時は、會芳樓(かいほうろう)というシアターレストランで芝居など各国の芸能が繰り広げられ、中華料理店と進駐軍のダンスホールが隣り合わせた時代も。全国的にヒットしたザ・ゴールデン・カップスのメンバーは横浜中華街出身だし、点在するジャズバーは今も人気。実はミュージックスピリットに溢れた街なんです。今宵も、どこかの店からときめく音が聞こえてきます♪

1
中華料理

大珍楼新館(だいちんろうしんかん)

お店のネット番組がリアルイベントに!

愉快なディナーショーがあると聞いて駆け付けたのは、広東料理の老舗。1972年に当時珍しかったお座敷とエレベーターをしつらえたり、1987 年には中華街初の飲茶食べ放題を始めたり。今ではメルマガでインターネットTV番組『舌賛のひと皿』を配信中。新しいもの、面白いものに目がない同店に招かれたのが、自称、ヨコハマのキング・オブ・ボーイズ、“日東色素”という、名前も音楽もかなり独特な二人組ユニット。

今宵のイベント『日東色素 秋の大珍謝祭 チャイナタウンでやっちゃいな♪』は、実は、ネットTV『舌賛のひと皿』スピンオフ企画。同店自慢の広東料理を一緒に食べながらおしゃべりを楽しむ番組に、以前、日東色素もゲスト出演していたんです。

「広東郷土料理伝 舌賛のひと皿」日東色素出演の回
http://daichin.co.jp/zessan/no17
http://daichin.co.jp/zessan/no18

広東から来た精鋭料理人による、広東郷土料理

番組さながら、冒頭ではオープニング動画が流れ、同店三代目代表・陸定全さんによる料理紹介からスタート! この日のための特別メニューが円卓にずら〜り。

最初に出てきたのは「アヒルの舌の大珍楼特製ソース」。外はカリカリ、中はトロッとしたゼラチン質でビールに最適。舌を食べると食欲が増すことから、一品目に出されました。これを作ることができる料理人さんは限られているのだそう。そんな話を三代目代表・陸さんがしてくれましたよ。
香港には焼き物メインのお店があるそう。現地でスカウトしてきたチーフによる焼き物は、箸もビールも止まらぬ美味しさです。

その後も、次から次へともう食べきれないくらいの料理が運ばれてきて、お客さんも大絶賛! そしていよいよLIVEが始まります。

横浜らしいコミカル&ソウルフルの虜☆

「日本の東の色の素。日東色素、行ってみようォ♪」「文句があってもかかってくんなよぉぉ〜」と懐かしの節回しで、日東色素がステージに!

手前が「能書き担当」というボーカルの高梨コウさん、奥が「ギターとチョッカイ担当」の五十嵐義博さん。「ニットー、ニットー、ニットー、シキソー♪」という社歌から始まり、手品の鳩が現れ、独特の熱烈ラブソングにファンは大爆笑。「オリジナルばっかりじゃ飽きちゃうでしょ」と、昭和歌謡のカバーも。
本牧のジャズ・ファンク・バンド“アフロ・プレジデント”の元メンバーだった高梨さん+五十嵐さんが繰り広げるファンキーな世界観に、大人たちは虜。ワタシも1回でファンになっちゃいました! 早速、動画をどうぞ♪
初見のアーティストのライブで、こんなに楽しめるなんて! シニカルな日常のひとコマを愉快に歌い放って、胸がスッと痛快。
そして後半の盛り上げどころで飛び入り参加したベーシストは、なんと先ほどまでスーツ姿で料理説明をしていた三代目代表・陸 定全さん。裏の顔はバンドマンでしたー☆ 「日東色素さんの曲は、聴いても、演奏しても楽しい。CDを早く出してほしい」とステージを降りてニッコリ。

ディナーショーは2ステージに広東料理コース&2ドリンクで、8888円(前売り)でした。

「今日はディナーショーなので、襟付きシャツでプチ正装」というお茶目なおふたりと記念撮影。腹の底から笑って、腹いっぱい☆ 「お店はステージ、働く人は演者。横浜中華街を放送局のようなメディアにしていきたい」という番組プロデューサーの言葉も印象に残りました。お客さんは中華料理だけでなく、他の街にはない特別感を期待して中華街にやってくる、と。好奇心旺盛でエネルギッシュな同店が起爆剤になりそうですよ。次回のディナーショー開催に乞うご期待!

今宵イベントの詳細
「日東色素秋の大珍謝祭」イベント全体ダイジェストの回(前半)
http://daichin.co.jp/zessan/special1

日東色素社報
http://s.ameblo.jp/nittoshikiso

2
カフェ・レストラン・バー

TRES(とれす)

2階から“火曜サスのアヴェ・マリア”

古民家をリノベーションしたイタリアンレストランの2階から聞こえてきたのは…カッチーニの『アヴェ・マリア』。「私が知っているだけで『アヴェ・マリア』は10曲以上。哀愁漂うこの曲は、“火曜サスペンス劇場のアヴェ・マリア”と言ったら、怒られたことがあったけどね。ワハハハ」と豪快に笑うのが、ソプラノの蛇目泰子さんです。

蛇目さん(写真右端)が代表を務める、“ムジカ・アンティカ”のメンバーが繰り広げる夜も特別な楽しさでした。ピアノは佐藤由紀子さん、バイオリンは渡邊達徳さん、そしてゲストのシンガーソングライター・乙子ちゃん♡ も~う、なんか、面白そうでしょ。“ムジカ・アンティカ”は音大出身の有志の集まりで、オペラや宗教音楽、ミュージカルなどを各地で上演。楽しいトークと、お客さんに合わせたその日限りの即興ライブが人気なんです。
藝大出身で劇団四季にも所属していた乙子ちゃん。今宵は超本格派のアニソンメドレーを初披露! そして、バイオリンの渡邊さんは一度聞いた曲は楽譜を見ずとも演奏できるんですって。大河ドラマや落語バラエティ番組のテーマソング、ゲーム音楽まで、ハチャメチャなリクエストにもすぐに応えて演奏し、拍手喝采! なんと最後には、ツィゴイネルワイゼンで染み入る時間をプレゼンしてくれました。このギャップに心奪われます。
オペラ『カルメン』のハバネラという有名な煙草工場のシーン。ステージの後半でたっぷりと魅せてくれました。最後はアーティストのススメでアンコールが始まり(笑)、お客さん全員で『花は咲く』を合唱しました。
音楽チャージ2000円で、料理はそれぞれに好きなものを注文するスタイル。今宵注文したのは、『ツブ貝のアヒージョ』1050円と、お店のスタッフさんが「美味しそう♪」と運んできた『カキのコキール(グラタン)』1250円。
音楽に美味しい料理の取材だなんて、ワインがススムってもんです。
こちらのお店は、日本人オーナー、日本人シェフ、台湾人店長の3人が織りなすフュージョンダイニング。お箸で食べられる創作イタリアンは、隠れ家のような風情ある古民家で楽しめます。1階はカウンター席でお一人様もOK。壁にはスポーツ選手やアーティストらたくさんのサインがありました。
3
カフェ・レストラン・バー

491HOUSE(よんきゅういちはうす)

毎晩、投げ銭システムのジャズ☆

毎日、違うミュージシャンがやってきてジャズのセッションが始まるバー。1回目のライブは19時30分~。料理も充実しているので1軒目のお店にもオススメです。
4
中華食品

悟空茶荘(ごくうちゃそう)

ひと息つく茶館で、中国琵琶の生演奏

人気の茶館(喫茶)では、中国琵琶の生演奏を楽しめます。その昔、楊貴妃も演奏したという伝統ある楽器。最近では宮廷音楽や民謡だけでなく、ポップスも演奏するそう。12月は毎週水曜、13時30分~、15時~、16時30分~各20分間演奏。入場料無料
5
中華料理

愛香楼(あいかろう)

歌謡曲のワンコインライブ♪

全ての料理を480円で提供するお店のライブは、500円! 元スタッフの櫻井理絵さんが、数カ月に1回ペースでアコースティックライブを開催。洋楽のほかに70〜80年代の歌謡曲を繰り広げ、ザ・ベストテン世代は必見!

千谷'sメモ

Liveの帰り道って、ミュージシャンになる夢を抱いちゃいますよね?

当コラムのライターさん

ライター千谷文子

ちだにあやこ/夫が横浜出身というだけで白羽の矢が。40代後半戦、ワクワク探しの好奇心は衰えず。愛犬との散歩で鍛えた健脚で、横浜中華街を歩き倒します!

見落としそうなマメ情報

横浜中華街Check Memo

取材ネタ募集中

横浜中華街のことで調べて欲しいこと何でもかんでも大大大募集!!

当コラムでは、横浜中華街について調べて欲しいことを募集しております。応募の中から、ライター千谷があなたに代わって取材し、当コラムで掲載します。以下の応募メールアドレス宛に、メールタイトルを「ウフフな、横浜中華街係」と記載し、ペンネーム及び調べて欲しいことをできる限り具体的に記載して、ご応募ください。

応募先メールアドレス
column@chinatown.or.jp

バックナンバー

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索