横浜中華街

サイト内検索

TOP >  特集 >  ウフフな、横浜中華街。 >  第49回専門店の看板メニュー

特集FEATURE

ウフフな、横浜中華街。

ウフフな、横浜中華街。

カップルに、家族連れ、女子会グループや、おじさん集団も! まるで横浜中華街に吸い寄せられたかのようにやってきて、ウロウロ、キョロキョロ。そうそう、なんかここには、なんかある気がするのです。ライター・千谷文子もいろいろ発見してきました♪

第49回

2019/02/15

専門店の看板メニュー

一つのジャンルを極めた、“専門店”の看板メニューをご紹介。キーワードは「お粥」「麺」「コーヒー」「台湾茶」「パクチー」「北京ダック」「餃子」。6坪のミニ店舗から行列ができる老舗、ランチにビジネスマンで賑わう店、女性リピーターが多いなど、その表情も豊かに全7つの”極み”が登場します。

1
中華料理

謝甜記 本店(しゃてんき ほんてん)

お粥専門店の美しい『牛肚粥(モツかゆ)』

週末は朝から行列ができる、おなじみのお粥の老舗。広東省出身の初代・謝甜さんが1951年に開業。お米・丸ごと親鶏・乾燥牡蠣・貝柱を水に入れて出汁を取りつつ炊く、南方系ならではの旨みたっぷりのお粥です。創業当時のレシピを、3代目が受け継いでいます。ちなみに北方系は日本のお粥のようにシンプルで、ザーサイなどをトッピングし味付けするのが特徴だそう。

15種あるお粥の中でも、看板メニューは『牛肚粥(モツかゆ)』710円(税込)。ごま油の香りが食欲をそそり→本当に臭みのない、柔らかで美しいモツと海鮮の旨みあるお粥を頬張れば→お腹の底からほかほか幸せ♪ 元気が湧いてきます! 中国の人は、胃が弱っているときにモツを好んで食するというのも納得。毎朝、二代目が作る、評判の油条(揚げパン)も名脇役です。

モツは横浜食肉市場発の「ハマモツ」。その上質を知っているお客さんは、葱とあえた『モツ皿』、『モツの野菜炒め』などもオーダーするそうですよ。

真っ赤な外観に、サンタクロースが目印。お粥とミスマッチに思えるサンタクロースは、ずっと前から当店の顔。近所のお店が、大きなサンタクロースの看板を譲ってくれたのが始まりだそう。週末なら夕方、平日は夜が比較的すいています。
2
カフェ・レストラン・バー

ツキコヤ(つきこや)

世界市場5%、スペシャルティコーヒー専門店

「まるでワインのようにさまざまな香りの、『スペシャルティコーヒー』というものがあります。中にはフルーツみを感じられるものも」とオーナーの田村英治さん。『スペシャルティコーヒー』とは、世界市場に5%しか出回らない希少なもの。その専門店がこちらです。

6坪の小さなお店に立つ、田村さん。自ら焙煎をするロースターでもあり、数々の国際審査員としても活躍。ロースターによってコーヒーの味は左右するというけれど、田村さんは、コーヒーの印象をハッキリさせるのが得意なんですって。つまり初心者でも、繊細な豆の特徴を五感で素のままに楽しめるというわけ。
店頭では、各国の『スペシャルティコーヒー』を試飲して、豆を購入できます。浅煎りのエチオピア産は、フローラルな香りでまるでその味わいはダージリンティー♪ 「こんなコーヒー初めて!」に出会えますよ。
豆の他、ドリップタイプも販売しているので、エチオピア・ブラジル・ケニアになど各国のものを購入して飲み比べするのもお勧め。1袋200円(税別)。
コーヒー好きは一日に何度もフィルターを取り出すのでは? マグネット式で冷蔵庫の扉にセットできる、こんな素敵アイテムも販売しています。
3
中華料理

揚州麺房(ようしゅうめんぼう)

麺専門店のイチオシは『タンタンメン』

世が豚骨ブームに湧いている時に、逆行し“サッパリ”を求めたスープを完成。国産の丸鶏とガラで旨みを、モミジ(鶏の足)でゼラチンを取った透明なスープをベースに、麺メニューを常時13種スタンバイ。

お店は、中華街大通りの一本裏通りに。
厨房が目の前のカウンター席。お客さんとのコミュニケーションを大切にし「麺は固めに」「辛さは控えて」などの好みもオーダーできます。メニューは『とりそば』、『パイコーメン』、『エビ入りワンタンメン』、『高菜そば』などありますが……
圧倒的に人気なのは『タンタンメン』850円(大盛り950円、共に税込)。目の前に運ばれてくるとゴマの香りに包まれ、クリーミーなスープに、コシのあるストレートな細麺がからんで美味しい! ランチは近所のビジネスマンで賑わい、タンタンメン好きもうならせます。サイドメニューのニラ玉も人気ですよ。
4
中華料理

永福楼(えいふくろう)

前菜からメインまでパクチー料理7種

市場通りにある広東料理のお店。海鮮ものが豊富で、おこげの五目あんかけなども人気ですが、注目したいのはパクチー料理。

店頭にもグリーンの看板! 『パクチー水餃子』、『パクチー牛ハチノスピリ辛和え』、『エビパクチー生春巻』、『パクチー魚炒飯』などズラ〜リ。中国ではパクチーは香菜(シャンツァイ)といって、家庭でもよく食されます。日本でも女性を中心に大人気の食材ですね。
一番のオススメは『パクチー豆腐』1300円(税別)。「麻婆豆腐とパクチーは相性抜群。辛みはまろやかに、パクチー特有の香りも少し抑えられます」とオーナー。パクチーはビタミン豊富で、その香りが消化器官を活性化するというけれど、目の前に供された瞬間、食欲スイッチオン! ほど良い辛みにパクチーの爽やかさが加わって、ビールのつまみに抜群です。
5
中華食品

泰和商事(有)(たいわしょうじ)

『台湾凍頂烏龍茶』の老舗専門店

関帝廟通りにあるお店。プロフェッショナルな“専門店”の雰囲気が、そのたたずまいからしっかり漂ってきます。実は、横浜中華街の中国茶・台湾茶を販売する店の中でも先駆的な存在で、110種も取り扱っているそう。
看板商品は『凍頂烏龍茶』。100g2500円(税込)。凍頂という名の、標高2000m級の茶山で摘まれたお茶です。台湾には高い山がたくさんあるのだとか。
お店に凍頂の写真がありました。左のように、一定時間、霧が掛かって「頂きが凍る」ため、栄養たっぷりの土壌なんですって。右の写真では見にくいけれど、山肌で茶摘みをしている人がいます。
手摘みで、一つの芯と、二つの葉を採ります。
それを手でクルクルまいて商品化。手間が掛かるため、機械摘みに比べると高価です。
5煎、6煎と沸騰した湯を注ぐと、クルクル巻いた葉がだんだん開いて、こんな感じ。茶葉が一枚葉の状態というのは、台湾茶の一つ特徴。中国の烏龍茶と比べると発酵が浅いので、日本茶に近いグリーン色です。といっても、日本茶とは風味が異なり、独特の爽やかな香りが♪ メチル化カテキンが多く、最近では花粉症対策としても注目されています。
中国茶の作法は難しそうだけれど、凍頂烏龍茶はマグカップでOK。沸騰した湯を注ぎ、茶葉を蒸して開きながら1煎、2煎……と味わいます。中華料理のような、脂っこい食事中のお供にぴったりです。
6
中華料理

北京烤鴨店 (ぺきんかぉやーてん)

自家製北京ダックを気軽にどうぞ

中国では、アヒルを直火で焼いた料理を烤鴨(カオヤー)、焼鴨(シャオヤー)といいます。15世紀には宮廷料理に採用されたといわれ、北京ダックとして進化した今では中国のみならず、香港、台湾、シンガポール、マレーシア、タイなどでもおなじみ。各国に、中国で焼かれた北京ダックが輸出されています。そんな中、当店では全て自家製。店頭には、冷蔵庫で3日間乾燥中のアヒルが並んでいました。

インパクト大! ダックを背景に、記念撮影をする観光客も結構いました・笑
店内に入ると、左手に専用窯。桜の薪だけを使って200度以上の温度で、香りよく焼くのが特徴です。
平日は2680円、土日祝日は2980円で、時間無制限の食べ放題(税別)。他の一品料理やデザートも料金内で味わえるので、気軽に立ち寄れる店です。
7
中華料理

DALIAN 中華街店(だりあんちゅうかがいてん)

看板メニューは羽付き『大連焼餃子』

オープンキッチンの店内は、横浜中華街では珍しい、カフェのような落ち着いた雰囲気。この日は1月下旬。春を感じる桜が生けられていました。
木をモチーフにしたスタイリッシュな店には、女性の1人客も。デートにもお勧めのスポットですね。オーナーの祖父は80年も前に来日。中国料理で育ったオーナーは、一つ一つ手作りの餃子にこだわりました。
こちらが目玉の『パリパリ羽根の大連焼餃子』7個630円(税別)。餃子のルーツといわれる大連で研究したそうで、ほどよいモチモチ感のある皮は数種類の粉をブレンドしたもの。豚肉と豚骨スープを練り込んだ餡はジューシーで旨みたっぷり、何もつけずともペロリ平らげちゃいます。

奥にあるのは『香味ニンニクたれ』200円(税別)。パンチが効いて、お酒の席でプラスしてもいいですね。深夜まで営業しているので、野球観戦の帰りにぜひどうぞ!

千谷'sメモ

“極めた世界”をのぞいてみよう!

当コラムのライターさん

ライター千谷文子

ちだにあやこ/夫が横浜出身というだけで白羽の矢が。40代後半戦、ワクワク探しの好奇心は衰えず。愛犬との散歩で鍛えた健脚で、横浜中華街を歩き倒します!

見落としそうなマメ情報

横浜中華街Check Memo

取材ネタ募集中

横浜中華街のことで調べて欲しいこと何でもかんでも大大大募集!!

当コラムでは、横浜中華街について調べて欲しいことを募集しております。応募の中から、ライター千谷があなたに代わって取材し、当コラムで掲載します。以下の応募メールアドレス宛に、メールタイトルを「ウフフな、横浜中華街係」と記載し、ペンネーム及び調べて欲しいことをできる限り具体的に記載して、ご応募ください。

応募先メールアドレス
column@chinatown.or.jp

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索