横浜中華街

サイト内検索

TOP >  特集 >  ウフフな、横浜中華街。 >  第50回中華街で働く人のおすすめランチ

特集FEATURE

ウフフな、横浜中華街。

ウフフな、横浜中華街。

カップルに、家族連れ、女子会グループや、おじさん集団も! まるで横浜中華街に吸い寄せられたかのようにやってきて、ウロウロ、キョロキョロ。そうそう、なんかここには、なんかある気がするのです。ライター・千谷文子もいろいろ発見してきました♪

第50回

2019/03/15

中華街で働く人のおすすめランチ

ディナーよりも気軽に食べることができるランチは、その店の味や雰囲気を知ることができる絶好のチャンス! そこで横浜中華街で働く人たちに“おすすめランチ”を聞いてきました。ライバル店の飲食店に働く人たちも、名前を伏せて教えてくれましたよ。

推薦者から

「私、こちらのお店のファンなんです。酢豚などの定番ランチに加え週替わり、日替わり、何が出てくるか分からないミステリーランチがあり、中国語で“只”という“尾頭付丸ごと”の魚や、豚足、モツなど中国料理をダイレクトに感じられるメニューが供されることも。おかゆセットも珍しい。春はウド、鰆……と季節を感じられる食材を使ってくれるのも嬉しいですね」某老舗広東料理店勤務 Bさん

1
中華料理

獅門酒楼(しもんしゅろう)

愛と技が詰まったコスパ高すぎるランチ

Bさんおすすめ店の昼どきは、まさに食堂のような賑わい。1人常連さんが多く、近所の住民も関内方面に勤める人もやってきます。

中山路にある落ち着いたたたずまい。店内は家庭的な雰囲気で、気さくなスタッフたちが出迎えてくれる心地よさも人気の秘密。

早速、本日の日替わりを見ると……Bさんが言う「季節を感じられる」山ウドを発見!
日替わりランチA『牛肉と山ウドのオイスターソース炒め』700円(税込)。ご飯、スープ、ザーサイ、デザート付き。彩り野菜の中にある、白い食材が春を感じるウド。
柔らかく甘みのある牛肉と野菜のオイスター風味の中で、ウドの苦みが爽やか! 「基本である白米もおいしい。“あぁ、ご飯もおいしい!“と感じられる店は意外に貴重な存在」とBさん。

「選べるデザートは5種あり、常連さんは自分の好きなものが決まっているよう。私は『酸梅ゼリー』という中国ではポピュラーな梅ジュースを使ったスイーツが、特に好き」とBさんのススメに従って、『酸梅ゼリー』をオーダー。
「初めての人で『酸梅ゼリー』を頼むなんて、プロっぽいですね~」とスタッフさんに言われてニッコリ。供されたのは、ランチデザートとは思えないしっかりサイズ。梅の味が口の中を駆けめぐって、デザートお目当てでも再訪したい感じ。他には濃厚な『やわらか杏仁豆腐』、果肉をほおばっているような『濃厚マンゴープリン』、香りが鼻に抜ける『紹興酒ムース』、軽やかな『ジャスミン茶ゼリー』から選べますよ♪ 

《ランチの営業時間》平日のみ。11時30分~14時(L.O.)

推薦者から

中華街を案内するエキスパート、横浜中華街コンシェルジュがいる駐車場〈ダイレクトパーク横浜元町中華街〉のtoms・DPさんが教えてくれました!「程よいスパイシーな辛さのカレーソースに、旨み凝縮の牛バラ肉はやみつきになる一品です」。

2
中華料理

保昌(ほしょう)

看板メニューの牛バラを使った上質カレー

toms・DPさんおすすめの『牛バラ肉カレーご飯』900円(税込)。とろみのあるソースは、最初は甘みが口に広がり、確かに後から「程よくスパイシー」な本格派。当店の看板メニュー『牛バラ肉の醤油煮』を使っているので、ワンランク上のコクがあるのです。『牛バラ肉カレーご飯』は夜も週末もメニューにありますよ。

多い日は100個出るという『中華風海鮮タコ焼き』、中華街でも珍しい、高級中国野菜のガイラン(ブロッコリーの芯のようなコリコリ感がある)や、青梗菜に似ている広東白菜の料理などもぜひ味わって欲しい逸品です。

《ランチの営業時間》平日のランチは11時~15時(L.O.)

ちなみに推薦者が勤める駐車場〈ダイレクトパーク横浜元町中華街〉は中華街の西南角にあり、石川町元町方面から利用するときに便利。上に上がるほど料金が安くなる特許の新システムを採用し、近隣の道路渋滞を防ぐためにゲートバーも車止め(ロック板)もなし。6階1時間100円、8階24時間900円など、セルフシステム導入でこの価格を実現しています。ぜひ利用して!

推薦者から

「私、こちらのお店は定期的にチェックさせて頂いています」某老舗広東料理店勤務 Hさん
「間違いないのはこのお店。特にランチは手軽に味わえる価格だから、ついつい足を運んじゃう」某上海料理店オーナー Qさん

3
中華料理

重慶飯店本館(じゅうけいはんてんほんかん)

中華街ランチ発祥はココから!

1959年、横浜中華街唯一の四川料理店としてオープン。今は中華街のみならず全国的にも知られる名店ですが、創業当初は大通りから外れていたために集客に苦労したそう。そこで中華街で初めてランチセットを提供すると大人気。今の発展へとつながる起爆剤となりました。

本館では週替わりでランチメニューを用意。四川ならではの辛いもの、辛くないもの、春キャベツや春竹の子など季節の食材を使ったものも。私が注文したのは……

この日の、平日限定週替わりランチD『ラム肉の山椒辛し鍋料理』1500円(税別)。ライス、副菜、スープ、デザート付き。

最近、中国本土でも人気のラム肉は、体を温める食材。しびれと辛みを持つ麻辣(マーラー)は本格的で、ご飯がどんどん進みます。今週のラインナップは『豚バラ肉特製ニンニクソース』『モンゴウイカの葱生姜炒め』などありました。グループで訪れてシェアするのもいいですね。

《ランチの営業時間》平日のランチは11時~14時30分(L.O.)
今年8月に創業60周年を迎える本館は、以前はレトロな雰囲気でしたが昨秋に大きく生まれ変わりました。香港のデザイナー、アラン・チャンが手掛けたファサードはモダンなたたずまいで、上階には個室も完備。祝いやおもてなしの席にも利用したいですね。

さて、おすすめ情報をもう一つ。本館からほど近くにある〈重慶飯店新館〉では、4月1日~『麻婆豆腐フェア』を開催予定。
ハバネロを使った白い麻婆豆腐、モッツァレラチーズ入りの麻婆豆腐洋風土鍋煮込みなど、驚きのラインナップ。ランチタイムでも利用できます。ぜひチェックしてくださいね!
◎期間:4月1日(月)〜5月31日(水)まで
(※ゴールデンウィーク 4月27日〜5月6日は除く)

推薦者から

調理師を派遣する人材派遣会社、〈株式会社横浜人材商事〉のKさんが教えてくれました!「具材がいっぱい! 味も良い、おすすめのおそばです」。

4
中華料理

錦里(きんり)

ランチタイムに四川伝統の変面ショーも!

一昨年にオープンしたばかりの中国郷土料理のお店。四川地方で繰り広げられている変面ショーも話題です。

一瞬で仮面を変えて喜怒哀楽を表現する変面ショーは、無料で楽しめます。今まで第一幕は12時30分~、第二幕は19時~だったけれど、人気で席が取れないことも。4月から土日のみ、昼の14時~のステージを新設。
店内には変面をモチーフにした飾りも
さて、Kさんおすすめランチ『五目焼きそば』880円(税込)はこちら。前菜、スープ、デザート付きで、大盛り無料!

ゴロゴロと入った具材と細麺が相性良く、甘みのある野菜もシャキシャキ。他にも『豚レバーの激辛麺+小ライス』『担々麺+半チャーハン』なども人気。ランチにコースメニューにし、ショーがよく見える席を予約する人も増えています。

《ランチの営業時間》平日のランチは11時30分~15時(L.O.)

ちなみに推薦者が勤める〈株式会社横浜人材商事〉は、出身地に合わせて本場中国での経験豊富なシェフを各店舗に派遣。横浜中華街の縁の下の力持ちなんですね。

千谷'sメモ

ランチは、美食を発掘する絶好のチャンス!

当コラムのライターさん

ライター千谷文子

ちだにあやこ/夫が横浜出身というだけで白羽の矢が。40代後半戦、ワクワク探しの好奇心は衰えず。愛犬との散歩で鍛えた健脚で、横浜中華街を歩き倒します!

見落としそうなマメ情報

横浜中華街Check Memo

取材ネタ募集中

横浜中華街のことで調べて欲しいこと何でもかんでも大大大募集!!

当コラムでは、横浜中華街について調べて欲しいことを募集しております。応募の中から、ライター千谷があなたに代わって取材し、当コラムで掲載します。以下の応募メールアドレス宛に、メールタイトルを「ウフフな、横浜中華街係」と記載し、ペンネーム及び調べて欲しいことをできる限り具体的に記載して、ご応募ください。

応募先メールアドレス
column@chinatown.or.jp

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索