横浜中華街

サイト内検索

TOP >  特集 >  ウフフな、横浜中華街。 >  第25回誰でも、気軽に、太極拳

特集FEATURE

ウフフな、横浜中華街。

ウフフな、横浜中華街。

カップルに、家族連れ、女子会グループや、おじさん集団も! まるで横浜中華街に吸い寄せられたかのようにやってきて、ウロウロ、キョロキョロ。そうそう、なんかここには、なんかある気がするのです。ライター・千谷文子もいろいろ発見してきました♪

第25回

2017/01/31

誰でも、気軽に、太極拳

朝早く、人々が広場に集まって太極拳をする光景は中国をイメージさせるものですが、実は、横浜中華街でも『早朝太極拳』が行われています。冬期のお休みを終えて、いよいよ2月に再開。その情報と共に、初心者向きの太極拳教室やグッズショップもご紹介しましょう。

1
観光・アミューズメント

横濱媽祖廟(よこはままそびょう)

『早朝太極拳』に参加しませんか?

『早朝太極拳』の会場は、航海の安全を護るという媽祖(まそ)様を祀る道教寺院。もともとは横浜中華街とその近隣のシニアのために活動をする『横浜中華街シニアライフ研究会』がはじめました。今では観光名物の一つとして、その清々しい光景は有名です。冬期のお休みを終えて、2月11日(土)より再開! 基本的にはシニア対象ですが、若者もウエルカムですので参加してみましょう。一日の始まりに太極拳、気持ちがいいですよ。

毎週水曜と土曜の朝9時から約1時間、無料で参加できます。
2

シルクロード舞踏館(しるくろーどぶとうかん)

仕事帰りに、頭を空っぽにして、太極拳!

そもそも太極拳とは中国武術のひとつで、皇帝も護身術としてマスターしていたそう。中国では「医者にも薬にも見放されたら“太極拳”」といわれるほどなんですって! 気血の流れをよくし、五臓六腑の機能を高め、理想的な体内バランスに導いてくれるため、肩こり、腰痛、ストレス解消、集中力アップ、さらに美容にもお勧め。

こちらの教室は夜に開講し、仕事帰りに立ち寄ることができます。目印はChai Tea Cafe。同じ建物の階段を降りていくと、賑やかな中華街からタイムスリップしたかのように、しーんと静かなぬくもりある板張りの空間へ。実は、太極拳の他にも、興味深い教室がいろいろ。

数百年前から、口伝・体伝で伝えられ世界的にも有名な岩手県「鬼剣舞」、「月礼拝(ヨガ)」、「サティヨーガ」(サティとは気づきの意味)などなど。もちろん今回は「気功&太極拳」の教室へ!

こんな雰囲気の教室です。照明もほわんと優しく、ちょっと隠れ家に来た気分♪
「気功&太極拳 初級・中級クラス」は、毎週火曜18時50分〜20時に開かれます。生徒さんは30〜40代が多いよう。
レッスンは、気の流れを良くする“抜筋骨(ばっきんこつ)”という準備運動から始まり、その後、気功、太極拳へと続きます。気は意識のあるところまで届くので、指先までしっかり気持ちを持っていきます。力が入ると気は止まるので、力を抜いて全身に気を巡らせることも大事。静かな空間で自分の体に集中するのって、ホント爽快です!

インストラクターは、道場に入門して約20年、全日本柔拳連盟の醍醐枝充子先生。写真のように、マンツーマンでていねいに教えてもらえます。「基本の立ち方や、“抜筋骨”は、仕事に疲れたときにちょっと行うだけで、疲れがだいぶ軽くなりますよ」と。日頃の生活にも取り入れられるのがいいですね。
中級クラスの人たちは美しい! 太極拳は気軽にできる健康法ではあるけれど、一つ一つの型に攻撃と防御が隠されています。「敵がここにいることをイメージして」なんて先生の言葉が飛び交うことも! アクションスターな気分もシビレルなぁ〜。ぜひ体験からトライしてみてください。
3
衣料・雑貨・工芸

天宝堂 シルクロード館(てんぽうどう しるくろーどかん)

アクションスター気分にワクワク、グッズショップ

太極拳教室の生徒さんをはじめ、ブルー・スリーファンやジャッキー・チェンファンも御用達、中国武術のアイテムを取り扱うお店です。「太極拳は、文化大革命のときに毛沢東が一つのスポーツとして勧めて広まったんですよ。今は簡略化してラジオ体操の感覚でできますね」と代表の松村さん。中国では、朝起きるとパジャマのまま外に出て、なだらかな音楽に合わせて太極拳をするそう。なので太極拳専門のスーツは、ゆったりリラックスできるものなんです。

というわけで、太極拳スーツに変身☆ シックなブラウン系から華やかな紅色までカラフルに取りそろえています。上下セットで6800円〜。靴は軽くて底が平らな太極拳シューズがお勧め、1500円。共に税別。手にした33cm長の扇子は、太極拳の演舞で使うそう。
重いっ! 裏に鉄をあしらって扇に見せかけた武器、鉄扇4980円(税別)も演舞で使用。こうゆうの使いこなせたら、カッチョイイ〜☆
お店は、シルクロード舞踏館の隣のビル。怪しい雰囲気プンプンでワクワクの入口。さぁどうぞ、階段を昇って↑

『カンフーシューズ飛ばし』で、賞金5万円!

毎年11月3日、北門(玄武門)界隈で、5時間にわたり、きたもん祭『カンフーシューズ飛ばし大会』が開催されています。カンフーシューズ付きの参加料は中学生以上2000円、小学生以下500円(2016年の場合)。優勝賞金は…なんと5万円☆ さぁ世界記録に向けて、今からトレーニングして!

千谷'sメモ

ブルー・スリーのDVD、借りちゃいました。そんな気分にさせてくれる横浜中華街って、やっぱイイ♪

当コラムのライターさん

ライター千谷文子

ちだにあやこ/夫が横浜出身というだけで白羽の矢が。40代後半戦、ワクワク探しの好奇心は衰えず。愛犬との散歩で鍛えた健脚で、横浜中華街を歩き倒します!

見落としそうなマメ情報

横浜中華街Check Memo

ラジオに出演!
ノスタルジック中華街をご案内

1月29日(日)朝9時20分頃〜、ラジオ番組『SMILE ON SUNDAY』(J-WAVE)に出演させていただきました! 春節を迎えた中華街で「老舗店に行きましょう」というご案内です。写真はナビゲーターのレイチェル・チャンさんと一緒に。放送を逃した方もアプリで聴けるので、チェックしてみてくださいね。

  • 発見日2017/01/29
  • 場所「六本木ヒルズJ-WAVEスタジオ」

取材ネタ募集中

横浜中華街のことで調べて欲しいこと何でもかんでも大大大募集!!

当コラムでは、横浜中華街について調べて欲しいことを募集しております。応募の中から、ライター千谷があなたに代わって取材し、当コラムで掲載します。以下の応募メールアドレス宛に、メールタイトルを「ウフフな、横浜中華街係」と記載し、ペンネーム及び調べて欲しいことをできる限り具体的に記載して、ご応募ください。

応募先メールアドレス
column@chinatown.or.jp

バックナンバー

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索