横浜中華街

サイト内検索

TOP >  特集 >  ウフフな、横浜中華街。 >  第33回ノスタルジック☆中華雑貨

特集FEATURE

ウフフな、横浜中華街。

ウフフな、横浜中華街。

カップルに、家族連れ、女子会グループや、おじさん集団も! まるで横浜中華街に吸い寄せられたかのようにやってきて、ウロウロ、キョロキョロ。そうそう、なんかここには、なんかある気がするのです。ライター・千谷文子もいろいろ発見してきました♪

第33回

2017/10/13

ノスタルジック☆中華雑貨

読者の方からお便りをいただきました。「私が小学生だった1970年前後、中華街のお土産屋さんなどで必ず売っていたのに今は見かけない、小さな赤いビニール表紙の毛沢東語録(日本語版)、折りたたみの中国ランタン…。どこに行ったのでしょう?」と。早速、ノスタルジック☆中華雑貨探索に行ってきました!

1
衣料・雑貨・工芸

老維新(ろういしん)

現代っ子もワクワク玩具がワンサカ

中国っぽいもの、愉快なもの、ディープなものを、所狭しと棚に並べ天井から吊す中華雑貨のワンダーランド。1955年に創業した60余年の老舗です。店内で小学生の男の子が目をキラキラさせていた玩具を、クローズアップしましょう!

伝統的な外遊びグッズ

凧は中国・山東省濰坊(ウェイファン)市の発祥。濰坊市には博物館もあり、世界中から愛好家が集まるようです。中国凧は鳥、昆虫、獣などをデザインしたものが多く、当店で天井を見上げると、金魚とトンボがおりました。読者の方が探していたものでしょうか、春節に中華街にあふれる折りたたみランタンもたくさんぶら下がっていましたよ。
紀元前5世紀に中国で始まったという、羽蹴りゲームの羽「チェンズ」。Sは200円、Lは300円(共に税別)。子どもたちは輪になって遊んだり、ネット超しに蹴り合ったり。今ではスポーツとして人気があり、世界に広まっています。

おうち遊びグッズもいろいろ

衣裳が素敵♪「少数民族のお人形」700円(税別)
ネジを巻くとテコテコ歩く「ブリキのおもちゃ」。うさぎと鶏は500円(税別)、蛙は300円(税別)
200円(税別)で中国の地理をお勉強「中国地図パズル」
パンダ、ブルース・リー、毛沢東が「トランプ」に。600円(税別)
前回、鍼灸を取材したワタシはコレらに興味津々! 人体模型3000円、足の模型1600円、耳の模型1000円。全て税別。
2
衣料・雑貨・工芸

天宝堂 シルクロード館(てんぽうどう しるくろーどかん)

ムードも情報もディープなお店

太極拳教室の生徒さんら、中国武術の愛好家が御用達。でも知らないと、ちょっと入りにくいんです。

だって入口はこんな感じで、ディープな世界を予感させる階段が…。しかしここは躊躇せず、ぜひとも2階へ! 中国事情に詳しい店長さんに質問すれば、懐かしい情報もたくさん得られるはず。

発見! 棚の奥から「毛沢東語録」5000円

「毛沢東語録ありますか?」と聞いて見ると、待つこと5分、棚の裏をゴソゴソしていた店長さんが出してくれました。携帯できるポケット版で、汗でぬれることを想定した赤色のビニールカバー付き。残念ながら日本語版ではなく中国版ですが、当店にありましたよ〜!

店長さん曰く、香港も上海も、以前は軒を連ねていた中国雑貨のお店が土地の高騰により激減しているそう。中国のノスタルジック雑貨は、今や貴重なものかもしれませんね。

中国武術家もファンも、心躍る

冒頭でもご紹介した通り、中国武術に関するアイテムが豊富。指南書やDVDはご覧の通り
カラフルなヌンチャクも
ケータイカバーやフィギュア、リングなど、ブルース・リーグッズもいろいろあります
3
衣料・雑貨・工芸

インポート西芳(いんぽーと さいほう)

立ち寄って損なし! 掘り出し物を発見

屋号の「西芳」は、先代が京都の苔寺にあやかって「ずっと続くように」と付けたもの。用事はなくても、ブラリ立ち寄って欲しいお店です。

中華街大通りのド真ん中に構える、黄色の外観が目印。
軒先に積まれた「バスケット」は、なんと2個で税込み110円!
思わず買ってしまった「刺しゅうスリッパ」432円! 23cm〜25.5cm展開で、足にぴったりフィットして履き心地抜群。裏には滑り止めもついています。
大中小のポーチが5点で550円(税込)! なんてコーナーも。
インドから「エプロンドレス」1200円(税込)も、買おうか買わまいかと手が伸びたもの。「うちはリーズナブルなんですよ」と2代目ご主人の言葉通り、掘り出し物がありますよ♪

味あるお人形たちもズラリ

店内をウロウロしていると、レトロなお人形に出会いました。縁起物の陶製首振り人形はいいお顔
セルロイドでしょうか。懐かしい光沢を放つパンダの人形。赤い筒に電池を入れると太鼓を叩きます。1132円(税込)
4
衣料・雑貨・工芸

萬來行 大通り店(ばんらいこう おおどおりてん)

レトロなチャイナ雑貨は入荷待ち商品も

最後に立ち寄ったのは、チャイナデザインの雑貨屋さん。女性オーナーの竹本さんが中国に足を運び、町全体が卸売市場の義烏(イーウー)で商品を買い付けてきます。中国でも職人さんの高齢化により貴重になっている、伝統工芸アイテムに力を入れているそうです。

陶器に華やかな絵付けをした「ディスペンサー」7800円(税込)。落ち着いた色のトーンも素敵で、入荷待ち状態になることも
干支がついた「陶器製急須」3800円(税込)。プレゼントにも喜ばれそう
七宝焼きの「小物入れ」。3980円(税込)
こんな愛らし「ミニチュアティーセット」も♪ 599円(税込)
鉄製の昔ながらのアイロンをモチーフにした「小物入れ」。鳥を傾けてハンドルを起こすと、蓋が開きます。アンティークなインテリアのスパイスになりそう。8800円(税込)
七宝焼きの「オリエンタルかんざし」1480円(税込)
買い物に疲れたら2Fのカフェへ。リピーターが通う、大通り店の隠れ家スポットです

千谷'sメモ

異国の雑貨に心躍る散策でした!

当コラムのライターさん

ライター千谷文子

ちだにあやこ/夫が横浜出身というだけで白羽の矢が。40代後半戦、ワクワク探しの好奇心は衰えず。愛犬との散歩で鍛えた健脚で、横浜中華街を歩き倒します!

見落としそうなマメ情報

横浜中華街Check Memo

中語語レッスン!
消しゴムは何という?

中華雑貨を探していると、見慣れたデザインの文房具を見つけました。消しゴムを意味する単語は「橡皮」。シャンピーと読むそうですよ。

取材ネタ募集中

横浜中華街のことで調べて欲しいこと何でもかんでも大大大募集!!

当コラムでは、横浜中華街について調べて欲しいことを募集しております。応募の中から、ライター千谷があなたに代わって取材し、当コラムで掲載します。以下の応募メールアドレス宛に、メールタイトルを「ウフフな、横浜中華街係」と記載し、ペンネーム及び調べて欲しいことをできる限り具体的に記載して、ご応募ください。

応募先メールアドレス
column@chinatown.or.jp

バックナンバー

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索