横浜中華街

サイト内検索

TOP >  特集 >  ウフフな、横浜中華街。 >  第34回美食家が待ち焦がれた上海蟹、上陸!

特集FEATURE

ウフフな、横浜中華街。

ウフフな、横浜中華街。

カップルに、家族連れ、女子会グループや、おじさん集団も! まるで横浜中華街に吸い寄せられたかのようにやってきて、ウロウロ、キョロキョロ。そうそう、なんかここには、なんかある気がするのです。ライター・千谷文子もいろいろ発見してきました♪

第34回

2017/11/15

美食家が待ち焦がれた上海蟹、上陸!

秋から冬にかけて旬を迎える上海蟹シーズンの到来に、横濱中華街はすっかり浮かれちゃってます! なんてったって、世界中の美食家がこの季節を待ち焦がれているのだとか。各社マスコミを招いたオープニングイベントも開かれましたよ。

江蘇省から生きたまま空輸される上海蟹

とある秋晴れの心地よい日、開催地の山下町公園に入ると、東屋から蟹の甘〜い香りがぷ〜ん♪ センターには上海蟹が山高く積み上げられ、その脇では大きな蒸籠で蒸されたオス&メスが待機。記者たちは、はやる気持ちを抑えて円になって着席し、まずは上海蟹の基礎知識や食べ方レクチャーを受けました。

開催地は、横濱中華街の中にある山下町公園。ベイエリアの山下公園と区別して通称・小公園とも呼ばれています。開港当時、ここには『會芳樓』というシアターレストランがあり、人種を問わず大勢の人が集ったそう。東屋に掲げられた「會方亭」はその名残。
江蘇省から生きたまま空輸される蟹は“飛行機蟹”とも呼ばれます。各店には、調理直前まで生かしておく独自の技術があるんです。この状態で紐をほどけば元気に動き出しますよ。
調理方法はいろいろ。紹興酒漬け、蟹味噌豆腐、蟹味噌海鮮炒めなどあるけれど、代表的なのはやっぱり姿蒸し。
お腹に注目! 左の丸いお腹はメス、右の中心に山を描いたようなくぼみがあるのがオス。ハサミに、まるで苔のような毛がビッシリ生えているのも特徴。なんと今回は、メス170g以上、オス250g以上のお店でもそうそうお目にかかれない特大サイズが振る舞われるというのです!
お隣に座った、湘南よみうり新聞社の記者さんと一緒にテンションアップ↑↑↑

特大サイズの姿蒸し現る!

いよいよ、大きな蒸籠の蓋が開け放たれると、蟹の甘い香りがモクモクの蒸気と共に立ち上り、各社フラッシュの嵐! 真っ赤に蒸された熱々の上海蟹、めっちゃ美味しそう〜!

上海蟹の囲み取材☆
イベントをサポートしてくれたチャイナドレスのお姉さんとも、あちらこちらで記念撮影。みんなやっぱり浮き足だってます・笑
上海蟹は食べ方が分からず敬遠する人もいるけれど、そんな理由で食べないのはもったいない! 素手でもハサミでも、バラして→味噌を出し→チューチュー吸えばOK。「上海蟹フェア」ページで食べ方レクチャーの動画もアップしているのでぜひチェックして。

いよいよ実食! 殻まで味わう!?

まずはメスから。濃厚で甘みが強く、身も柔らかい。淡水で育つので臭みがないのも特徴です。「美味しい」「美味しい」と言いつつ、次にオスが振る舞われると「いやいやオスの方も美味しいなぁ」という人が続々。オスは白子のねっとりした食感がたまらないのです。

日本では卵を持つメスが貴重なものとされる風潮があるためメスが高値だけれど、好みはいろいろ。ぜひ両方を食べ比べてみて。

蟹を食べていると、ついつい無言になってしまうのは中国でも同じ。上海蟹は、仲の良い人と1杯を2時間じっくり集中して口に運び、最後に紹興酒を殻に入れるまで無言ってこともあるそう。ワタシも我を忘れて夢中になり「はぁ〜腱鞘炎になりそう〜」と顔を上げた瞬間にパチリ☆
食べ終えた殻は、捨ててはダメ! まずは高く積み上げて「食べたぞ! お金もたくさん使ったんだぞ」と誇示。記念撮影もして殻のセレモニーまで堪能し尽くしてから、お湯に入れて出汁を取るのです。

「2人で1杯、ゆっくり時間を掛けて食べるのがいいね」「いやいや、1人で1杯、紹興酒とちびちびやるのがいいんじゃない」と、各社記者は再訪を楽しみにつつ帰路へ。


11月30日まで33店舗で「上海蟹フェア」を開催しているので、皆さんもぜひいらしてくださいね!

千谷'sメモ

季節限定、無言の至福☆

当コラムのライターさん

ライター千谷文子

ちだにあやこ/夫が横浜出身というだけで白羽の矢が。40代後半戦、ワクワク探しの好奇心は衰えず。愛犬との散歩で鍛えた健脚で、横浜中華街を歩き倒します!

見落としそうなマメ情報

横浜中華街Check Memo

覚えておくと安心
朝陽門の近くにATM

上海蟹は、1年間頑張った自分へのご褒美グルメ。お財布の中身が心配なときは、インフォメーション・センターにATMがあるのでぜひご利用ください。

取材ネタ募集中

横浜中華街のことで調べて欲しいこと何でもかんでも大大大募集!!

当コラムでは、横浜中華街について調べて欲しいことを募集しております。応募の中から、ライター千谷があなたに代わって取材し、当コラムで掲載します。以下の応募メールアドレス宛に、メールタイトルを「ウフフな、横浜中華街係」と記載し、ペンネーム及び調べて欲しいことをできる限り具体的に記載して、ご応募ください。

応募先メールアドレス
column@chinatown.or.jp

バックナンバー

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索