横浜中華街

サイト内検索

TOP >  特集 >  ウフフな、横浜中華街。 >  第46回秋だもの、上海蟹・カキ・ワイン!

特集FEATURE

ウフフな、横浜中華街。

ウフフな、横浜中華街。

カップルに、家族連れ、女子会グループや、おじさん集団も! まるで横浜中華街に吸い寄せられたかのようにやってきて、ウロウロ、キョロキョロ。そうそう、なんかここには、なんかある気がするのです。ライター・千谷文子もいろいろ発見してきました♪

第46回

2018/11/15

秋だもの、上海蟹・カキ・ワイン!

中国では菊の花が咲くとソワソワワクワク、いてもたってもいられない人々があちらこちらに。そう、上海蟹シーズンの到来です。「菊の花が咲く頃に蟹が肥える」を意味する“菊花蟹肥”という言葉もあります。中でも「今年は過去に味わった中で一番美味しいんじゃない?」と常連さんが噂するほど、今まさに“逃せない旬”。他にも、季節限定メニューなど秋の味覚をお届けします。

1
中華料理

菜香新館(さいこうしんかん)

日本の上海蟹の原点はここにあり!

上海蟹の主な産地は、江蘇省の陽澄湖という淡水湖。上海に近いことから日本では上海蟹と呼ばれていますが、中国名は大閘蟹(ダアヂャアシャ)。その濃厚な甘みは、他の蟹にはない珍味です。

陽澄湖産であることを証明する黄色のラベル。生きたまま輸入され、以前は“飛行機蟹”と呼ばれていたそう。

上海蟹は3度で冬眠し、冷風を当てすぎると脱水症状を起こすという、とても繊細な食材。そのため横濱中華街でメニューに取り入れている店も限られているのです。

日本への輸入は、1972年の日中国交正常化がきっかけ。菜香新館のオーナー・曽徳深さんがその味に魅了され、仲間と共に日本に紹介しました。恐らく他では見られないような約240gもの特大サイズのオスを扱っているのも、そんな歴史があるからでしょう(通常は約200g。味も倍増だそう!)。

早速、私も「メス(約150g1パイ3900円・税込)」と「オス(約200g1パイ4900円・税込)」を頂きました★


赤く蒸された蟹は、食べやすいようにととのえてくれます。甘い香りがふわ〜
ミソたっぷり、思わず「紹興酒くださーい♪」
5年もの・10年もの・15年ものの「甕(かめ)出し紹興酒 飲み比べセット(800円・税込)」も登場し、そろいぶみ! 写真奥のメスは、オスよりも早く成長するためシーズンの序盤から食べられます。豊かな甘みで蟹子もたっぷり入って不動の人気。でも私は、シーズン後半に旬を迎える手前のオスに惚れ惚れ。更に深い甘みの白子がねっとりとし、まさに珍味。早ければ11月いっぱいで入荷が終わる予定なので、ぜひともご賞味を!

続いて供されたのは「秋の例湯(2人前・1500円・税込)。
土鍋で炊いた、香港のお母さんの味噌汁のようなもの。スープの中には、左に取り出したような豚肉ゴロゴロ、蓮根もゴロゴロ、白いオニバスの実、落花生がたっぷり入って、体に染みる優しい味わい。秋の乾燥、めぐりを改善する薬膳スープです。こちらもぜひ味わって。
2
中華料理

華錦飯店(かきんはんてん)

隣の魚屋さんで鮮魚を選んで、調理!

友人に「中華街を案内して」と言われたら、頭に浮かぶお店の一つ。鮮魚店の二代目が営んでいます。

写真奥、21年続く鮮魚店には横濱中華街の老舗も買い付けに。青い看板をくぐって魚を選び、赤い看板をくぐって食べるスタイルがオススメ。


二代目ご主人が、毎朝早朝3時に豊洲に足を運び仕入れる鮮魚。「同じ種類であっても、同じ魚は1匹もないんです。鮮度も使いやすさも自分の目でみないとね」とご主人。
その誠実なお人柄も、人気の秘密。
メニューには、ツブ貝、ホッキ貝、マテ貝、カキなどがズラリ
看板メニューはこちら「ヤリイカの塩胡椒揚げ(1200円・税別)。
ちょっとピリ辛仕立て、子持ちのところがトロッとしておいしい。もう一つの看板メニュー、マテ貝の料理は12月頃から始まり春まで。
旬を迎えたカキ。「カキのチヂミ(1300円・税別)」も人気の一品です。20〜30cmほどの生ガキを蒸し揚げて、黒胡椒ソースで味わうものも! どうぞ旬をお見逃しなく。
3
中華料理

優味彩(ゆみさい)

フランクにワインと中華を味わおう!

横濱中華街の中には大きなワインセラーを構えるお店もあり、そこも魅力的だけど、ごくフランクにワインと中華を楽しみたいならこちらへ。

その名の通り、なるべく化学調味料を使わない優しい味。価格もリーズナブルで、近所のシェフたちが集うこともよくあるそう。デッキでは犬連れもOK!
この日のワインはスッキリおいしい、チリ産。グラス500円、ボトル1800円〜2000円。赤ワインにオススメメニューを注文すると、ランチの「黒酢酢豚」と「豚バラの田舎風煮込み」を出してくれました。黒酢の風味が豊かな酢豚はスタッフもハマる味わい。四川のシェフが作る豚バラ煮込みは香辛料が利いた辛さで、ほかほかのご飯にぴったり。ランチワインもいいですね♪

ちなみにランチセットはスープ、白米か玄米、漬け物、デザート付きで、酢豚650円! 田舎風煮込みは800円! という驚きの価格。共に税込。日よってメニューは変わります。夜に「黒酢酢豚」を食べたい人は相談を。

当店はワインの品揃はないけれど、ワイン愛好家が集まって会を催すことも。メニューになくとも、ワインに合う料理をフレキシブルに作ってくれるのです。そんな楽しみも広がる家庭的なお店です。

横濱中華街では、2つの食のイベント『美食節』を開催中!

チャイナ・ガーデン』…11月22日(木)・23日(金・祝)の2日間、野外の会場に中華街のうまいものが集結! 獅子舞も登場します。

上海蟹フェア』…各店舗で上海蟹を使った料理を提供。今回ご紹介できなかったお店にもぜひ足を運んでください。1年のご褒美にコースメニューを味わうもよし、アラカルトを楽しむのもよし。紹興酒もよく合いますよ♪

千谷'sメモ

旬はあっという間に逃げちゃう。急げ、中華街へ!

当コラムのライターさん

ライター千谷文子

ちだにあやこ/夫が横浜出身というだけで白羽の矢が。40代後半戦、ワクワク探しの好奇心は衰えず。愛犬との散歩で鍛えた健脚で、横浜中華街を歩き倒します!

見落としそうなマメ情報

横浜中華街Check Memo

道端のメニュー看板に
上海蟹の歴史を発見★

「日中国交正常化が日本へ上海蟹をもたらした」という話を聞いた帰り道。“日中友好”を謳ったメニュー看板を発見! 日中国交正常化から46年、時間はずいぶん経ったけれど、上海蟹は日本と中国の縁を思い起こすものなんですね。

取材ネタ募集中

横浜中華街のことで調べて欲しいこと何でもかんでも大大大募集!!

当コラムでは、横浜中華街について調べて欲しいことを募集しております。応募の中から、ライター千谷があなたに代わって取材し、当コラムで掲載します。以下の応募メールアドレス宛に、メールタイトルを「ウフフな、横浜中華街係」と記載し、ペンネーム及び調べて欲しいことをできる限り具体的に記載して、ご応募ください。

応募先メールアドレス
column@chinatown.or.jp

Menu

閉じる

SHOP SEARCH

閉じる

店舗名検索

カテゴリー検索